« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

ぽつねんと

P7010159_2

ただ歩いていくだけのことが

なんて大変なんでしょう

.

しっかりと目を開けていることもできず

数センチ先しか見えないような中を歩くことが

どんなに怖いことか

.

.

一度立ち止まったところからまた歩き出すことは

なんて大変なんでしょう

後ろを振り返ってしまって改めて前を見たときの

自分の足がどんなに重たいことか

.

.

そして

沢山のものや人が網の目のように絡み合う中で

ひとり静かに目を閉じることは

なんて大変なんでしょう

.

襲ってくる色々なものに耳や目を奪われずに

ただぽつねんと座ることが

どんなに大変なことか

.

.

.......................................................

.

はじめからいるものといらないものの区別がついて、自分にとって有益なものだけと関われたらずいぶん楽なんだけど、どうもうまくいかなくて、使わなくていいところに沢山のエネルギーを使ってしまっているみたいです。

おかげでやたらと食べてやたらと眠っています。昼寝とかします。

健康なんだかなんなんだかね。

うー

歌ったり踊ったり楽しいことしたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

匂い立つ

P6040090

.

夏が終わるね

.

今頃は

むしむしとした強い風が吹いたかと思うと

突然沢山の雨が降って

雷が鳴って

雨があがったら急に涼しくて

アスファルトが匂って

ひぐらしが鳴いて

夜になって

扇風機をしまって

すいかを食べて

.

わけもなく寂しくなって

.

空が高くて

空気が澄んで

星がきれい

.

一年ぶりにこの季節がくるのね。

.

あの頃、雷を怖がっていつも泣いていたあの子は

元気にやっているかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

波のなかを歩く

P7030213_2

突然すぎてそれが嫌なのか嫌でないかもわからないんだけど、

なんだか落ち着かないことだけはわかる、

不思議な違和感があります。

.

海に入っていて、突然水温が違うところに入ってしまったときのような

授業中に寝ていて、夢の中で高いところから落ちて足ががくっとなったときのような

ピアノをひいていて、間違うはずのないところで音をはずしたときのような

あれ、今なにかを思い出しそうだったんだけど、って思ったときのような

体のなかで誰かが宙返りしたような。

.

わたしはいつでもくらくらとふわふわとあやうくて

波の中を歩いているようです。

.

暖かい毛布を見つけても

一晩くるまったらすぐに寒い外にでてしまいます。

.

それでも

偶然に出会って

横に並んでくれるあなた、

笑ってくれるあなた、

気を使ってくれるあなた、

しっかりとつながっていてくれるあなた、

あなたたちのおかげで

わたしはやっとの思いで立っていることができるんです。

.

ほんとうにどうもありがとうございます。

これからもどうぞよろしくね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »