« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

ザ・デイ・オブ・ア・メンバー・オブ・トリニティーズ



おとといから干しっぱなしのタオルケットとシーツを気にする
チャリが面倒くさくなってバスに乗る

バス内
結露
ミクシーに集中しすぎて酔う

部室
江古田ちゃんに集中しすぎて6時間費やす

ロイホ
ドリバーとフレンチフライ
ぐらぐらとしながら皆でリーディング
皆さんがお焦りになっている様子をみつつ
自分も焦らなきゃいけないことに気づけない
コーヒー用のミルクを椀子そばのように飲み続ける少年に会う
糖尿病とメタボを心配
みきは欲求不満をぽろぽろこぼすし
私は変なテンションに任せて変なメールを送ってしまう


水道出しっ放しだったことに気づく
窓も開けっ放しだったことに気づく

干しっぱなし出しっ放し
脱ぎっぱなし開けっ放し
口内炎できっぱなし
ザ・ぱなし女

借りっ放しだった本を早く返さなければ
明日リュックに詰めて図書館に行こう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深夜

今日は昼寝してしまって眠くないので起きてる
たいしたことないレポートをだらだら書きながら小さい声で流すテレビ
女の子達が集まって恋について話すグータン的な番組を
にやにやしながら集中してみてしまう
女の子は女の子の間だけの話がどうしても好きなんだな
それで恋の話するみなさんはかわいらしくていい
普段素直じゃない子も誰も彼も同じ土俵にあがってしゃべる感じ
話す必要ないけど、別に隠す必要もない

ブロードウェイミュージカルのシカゴを日本人キャストでやるらしい
米倉さんはどうしてもヴァルマの方が合ってるように思ってしまう

この役に本当にあう俳優が誰か、とか別の配役を考えるくせ
俳優は常に自分の代わりがいる職業なんだなー

見ず知らずの人に誰かと比較されて好かれて嫌われて
こわいねー

そういえば、私のすきなタイプは劇団ひとりです、と言った女の子に
じゃあ性格重視なんだね、と反応していた男がいたけど

劇団ひとりと聞いてどんな性格を重視してると思ったんだろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金曜日

無駄な時間を比較的省けた日

部室にいる時間が少なかったし
授業や会話に集中した

ウィルソン先生
考えがまとまらないまま会いに行って怒られるかと思ってたけど
きらきらした目で楽しそうに話を聞いてくれた
やっぱりいい人
本棚にならんだ全国やきもの図鑑とか、全部いい人に見える

博物館学イン泰山荘
古い建物の壁とか天井とか超細かく見る
隅っこにちょっと落ちてる黒いつぶつぶが何なのか、なんで落ちてるのか、とか
原因は虫か動物か人間か環境かとか

普段は使わない脳みその部分を酷使
新しいことを覚える楽しさを久しぶりに味わう

この勢いで来週提出のレポートをやってしまおうかと思う

誰ともメールをしない

こうゆう日もなかなかいい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜の話題

この前おばあちゃんが新しくしたお墓に行ったんだけど、
それが桜色でいいお墓だった、というところから話は墓に。

私は群馬の生まれで群馬の池田家の墓が好きだからそこに入る、と言ったら
好きな人と一緒の墓に入らないのか、としゅんとした様子だった。

我が家は籍とか婿とか嫁とか改姓とかも曖昧だったから
結婚してからも当然元のお家(旧姓)の墓に入るもんだと思ってたけど
嫁に行ったら、行った先のお墓に入るもんなのか。

そうかぁ
確かに死んでからは好きな人と好きな場所にいたいと思うけれど、
実際夫婦の分だけ墓を作れるわけもない。
何世帯同居になるのか、あの中は。
死んでからも結構大変そうだ、嫁とかは。


私は今のところ八幡霊園だなぁ。榛名が見えるしね。
結婚する前に死んだら確実にあそこに入るのかぁ。
そう思ったらちゃんと掃除とかしたくなる。

榛名の他には迦葉山が見える所もいい。天狗がいる山。

私はどんなに年をとっても、海より山の方があってるんだなぁと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠くて眠くて、

エクセルでうつらうつら
英語で書かれた本を手ににぼやーっと座っているだけ
それに4時なのにおなかがすいてしまったので、家に帰ることにした

買い物をして帰り道
事務的な電話もそうでない電話もつながらない
今日はこうゆう日なんだなぁ
袋に入ったほうれん草とベーコンとブナピーでパスタを作ろうか、と考えていたら
少し前をブルドックが一人で歩いているのに気づいた
猫は一人で歩くけど
犬はなかなか一人で歩かない

視線を前に移すと、若いお姉さんが一人
その少し前には、作務衣の老人が一人
その前には、電動車いすのおばさんが一人

電動車いす、作務衣、若い女、犬、私

雨の夕方、みんな一人で歩く

頭の中にくるりのハイウェイが流れ出した
車いすでジョゼを思い出したから

車いすに傘をさしたらなんかかわいい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末

一日の境目がどこだか分からなくなる

24時間ではない気がする

たぶん一日というのは10時間の時もあれば30時間の時もある
無理に考えず感覚にまかせてしまえばいいこと

生活の中でそうゆうケースはたぶん結構あって
しかも結構大切だ

そういう意味でぽにょはすごい映画

頭で考えても肌で感じてもなんだか異質、私にとっては

お勉強で「それまでの流れの中でなかった新しいもの」に価値を見いだすくせがついた頭と
超個人的な記憶と思い入れでゆるむ涙腺が同時に反応したので
見た後ものすごく疲れて10時間も寝た

海の側から来た人は、
いつまで経っても海海言って
海苔とかばっかり食べていつまで経っても海くさい

私が出雲の海を見るのはいつになるだろうと考える


週末は大学生っぽいスケジュールでだらだら、えへらえへらと過ごす

みんながいい距離感を保ちながら気持ちよく笑っていた

私企画で合コンをしたものの、最終的にざこ寝合宿状態
連絡先も交換せずに帰ってしまった

私はなかなか眠れない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひゅーーー

今日は色々考えたりエネルギーのいる活動をしたり
脳みそと体の力を沢山消耗した日だったけど
その分明日からはまたスタートラインに立って進める気がする

急ぎでやらなきゃいけないことは沢山あるのよ

とりあえず今日は疲れたので頭をリラックスさせて寝る
ざ三名さま

あーお風呂はいんのめんどー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月曜日、火曜日

Photo

お母さんが「お父さんと連休に鎌倉例大祭見に行くんだけど行く?」って言うから
なんとなく時間あるし行ってももいいなぁみたいな感じで
でも授業さぼってまで行く程でもないから、授業終わり次第合流するーっ言った

月曜日

授業終わってさーぼちぼちいこかなーってゆうとき
友達というか先輩というか
とにかく私の一歩先を行く人にばったり会って立ち話

卒論とか院試とかごつごつした話をする
同じようなことをやってきて、これからも大まかな方向としては一緒
この人に聞きたいことは沢山あったんだ

相変わらずの独特な口調
そして独特な物の見方
私の周りの人が言わないようなことを言ってくれる

結果、悩む
ぐぅっといたいところをつかれた

直接的に非難や否定をされたわけではないんだけど
私の至らなさや一番よくないところを思い知らされた
というか私が勝手に思い知ってしまった

とてもいたかったけれど、必要なことを教わった

院に行く人の卒論にはなにが求められているのか
勉強の素質(考えられる頭、文章力)と、とことん調べ上げる努力、根気、やる気
私にはそのどれもが欠けている気がしてならない

前半はどうしようもないけれど、後半がないのが問題
モチベーションが純粋な学問と別のところにある私は、常に逃げ道を探してしまう

そしたらはじめから自分の進路を考え直す必要があるんじゃないか、なんて思って

もーーー
どうしよーーーってなる

とりあえず鎌倉に行かなくては、と思って電車に乗る
その間もぺこーっとへこんでぶつぶつと考える


鎌倉

お約束ノープランな我が家

大仏見た後、父の疲れたの一言で即宿に帰る
両親はさっそく床についたので、私は一人クイズ番組に参加
ひきつづきアニマルプラネットでモグラの生態を学ぶ
あいのりを見てなにか考え就寝

....................................................

火曜日、雨

江ノ島水族館に行く

大人三人で割と興奮する
餌付けショーでは小学生を押しのけ最前列に陣取る

イルカショーを見逃すが父は見たいと主張(母は早々に飽きている) 
外で時間をつぶして再入場するも、時間を調べずに出た上にペンギンに気をとられて時間をロス
いつのまにか二回目のショーも終了していたのであきらめる

ウミガメとサメとふれあいコーナーで多くの時間を費やす

サメがざらざらしていると言うと、父はだってサメ肌だからな!と強調
何度か繰り返す


ウミガメは水の中を羽で飛ぶように泳ぐ
強くてきれい

私はウミガメを飼いたい気分になる

そうしているうちに、例大祭の目玉、流鏑馬の時間が過ぎる

鎌倉に戻ってみるも閑散

例大祭を見に来たのに、私は全く祭りな要素を見ないまま帰る

東京

なんだか落ち着かないので掃除する
丸めたガムテープで髪の毛をとり、トイレの床まで拭く

洗濯
明日は晴れるらしいからこのまま干しておく



| | コメント (0) | トラックバック (0)

la scaphandre et le papillon

とんだ勘違いが重なって、私だけ一日早く旅行に行くところだった。
寝坊してよかった。

それにしてもあれだけ連絡取り合ったのに日にちを勘違いしていたなんて。
さすがうちの家族。(ほぼ私のせいだけど)
でも連休っていったら土日月だと思うじゃんねぇ。
日月火は連休じゃないし、無理でしょ普通。

てゆうわけで土日がまるまる空いてしまった。
一人で絵を見に行く体力はない。
買い物とかも全然魅力的じゃないな。

これは勉強をしろということでしょうか。
今年の4月に締め切りの文献表をまだ提出していないからでしょうか。
らー
週末で仕上げるかーぱぱっと。

まず借りた映画を見てしまおう。
見始めてしまったけど、思いのほか重くて単調なので見続けられない。
3日目にしてまだ終われない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オフィーリア来てるんだった

人があれが良かったこれが良かった言っていると
私もどんどん見に行かねば、と思います

後回しにしていたことを思い出しました

数見ることは重要ではないと思うんだけど
今見に行かなくてはいけないものがあるのねぇ

お金が出て行くけどしょうがないかな
誰かついてきてくれるかな

一人で行くのはなんか億劫で怖くて
テスト会場に行くみたい
結局到着してしまえば一人で見るほかないんだけど

やべぇやべぇ忘れてたぜ!
ありがとう友達の妹!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一週間を終えて

忘れてしまった人の名前を思い出したくて、ブログをはるばるさかのぼった
でも文を読み返していたらそれを忘れた

留学中の文は、なにかの確認作業のようだった

友達とか家族とか全然知らない人たちとかが発する言葉、話すペース、笑うタイミング
三鷹とか吉祥寺とか群馬とか屋久島とかで、人が歩く様、空気の色、におい、音

そうゆう人や街が醸し出す日本てゆう国の雰囲気を思い出すと
なつかしくて安心して、やっぱり自分にはここなんだなぁと思って

それを日本語で発するとしっくりきて気持ちよかった
やっぱり自分にはこの言語なんだなぁと思った


今日一年半ぶりにICUで4時間連続の授業を受けたら
憔悴してハイになった

授業自体はなかなかICUにはめずらしい具体的実践的なもの
〜学や〜論にして抽象的で頭でっかちにならない感じが4年にはちょうどよかったが
専門的になるほど、それをとる学生の種類はかなりしぼられるわけで
ビギナーな2年に混じりサイコなヒューマニシニアがちらちらとお目見えしていた

しゃべり方真似できないけどしたくなるような
男女ともにかなりコアな感じの方々で
話す内容よりも話し方や服装にどうしても目がいってしまう

専門知識を存分に発揮しながらも
(その人なりの)ユーモアあふれる軽快なトークを
向こう見ずな勢いではじめ、
満足した時点で即終わる
周りに失笑を買う
みたいな
(ICUにはそんな人たちが割と数多くいるんです)


それはいいとして

日本の大学の勉強は、(語学等を別にすれば)アメリカとくらべて100分の1程度の
時間と精神的身体的エネルギーと足りると実感した

もしあの大学に4年間身をおいたら
きっとストレスとカフェインの取り過ぎで胃炎になって
不規則な睡眠と崩れた栄養バランスと過労で肌ぶつぶつになったあげく太るだろう
同大生としか出会わず、落ち着いた男の人と二人でゆっくり過ごすこともできず
一人の時間ももてずに感覚の違う人間との関係にいらつき
冬の寒さにまけてベッドから出られない日々が続くのだ

無理だ

留学中のブログを読んで思い出したら、
今なんて天国にいるように楽だと思う

んー
だからなにと言うことはないな
まとまらないけど
とりあえず日本にいてよかったなぁと思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一ヶ月め

シャワーを浴びた後体を拭いていたら、
おなかに残った最後のテープがぽろっととれた。

気づいたら今日でちょうど一ヶ月。

一ヶ月間で皮膚は全て入れ替わるのか。
すごいなぁ。

一ヶ月め、私はばりばり全快です。

岐阜で山の登って名古屋でたらふく食って群馬でバーベキューして東京に引っ越しして
走って食って飲んで、まったくよく動いた一ヶ月だった。

心身病んで、やけくそで無謀なスケジュールを強行したけれど、結果として健康になったので万事オーライ。
若いってとてもいいことだ。


みなさん、沢山もう色んな意味でごめんなさい。
でも色々とても嬉しかったです。
ありがとうございました。

一ヶ月前病院で寝たきりだったなんて、悪い夢を見ていたみたいよ。
戻って来れて本当に良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコーン

ひゃー

つかりた!

イヤブは普段あんっなにだらだらなのに、ミーティングーになるととたんに体育会系。
途中で息ができなくなりそうになる。
昔、みんなハイで酸欠ぎみになって、それでも意地で続けてたら神的なアイデアが出てきたよね。
なにかを学んだ。
すてきな結末。

糖分が必要!と思う。
チョコがすごく甘くて助かる。
甘いもの食べるとコーヒー飲みたくなるけど、
もう毎日飲み過ぎて歯が黒くなってきたから控えよう。
何事も中毒になるのはマイナスだ。

昨日から今日にかけて、バスの扱いに慣れなくて異常に走っている。
たぶんバスに乗った距離より走った距離のほうが長い。
くやしいことに筋肉痛!

やっぱりチャリを買おう。

明日は学校が一番長い日だ。
ゴロチなんていつぶりかしら。
耐えられるかしら。

チョコレートを持っていきます。
こえーよー

とりあえずがんばって起きる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九月九日

またインターネットがつながらなくなった。新しいケーブルを買ってみようと思う。

学校がはじまる。

週3で6単位というスケジュール、夏休みよりもだらけてしまう。
だって一日おきに休みがあるんだもの、一時間さぼるだけで連休にできる。したくなる。

ジブリを沢山見る。

パンダコパンダで爆笑。展開がしっかりとしていて、シュールでハッピーでかわいすぎる。才能ある人というのは、若い頃の作風の違う作品もまたすばらしいものだ。

四年生なのに部室にいりびたる。後輩の名前を覚え始める。みんなかわいらしくて和む。
イヤブの雰囲気は私がいないうちにずいぶん爽やかになった。

彼が帰国する。

これでもかというほど待ちわびて、一日前からカレーを準備する。
前夜はなんだか落ち着かなくて、本が読めなくなる。新しいパンツだから落ち着かないんだと考え、履き替えようか真剣になやむ。


ぼーっとしてたら早々に連絡があり、あわてて米をたく。

ひとまず予定どおり食わせて寝かせる。
帰ってきたら一緒にしよう、と後回しにしていたことを全部わすれて、一人でビデオを借りに行く。あのビデオ屋はほんとに使えない、トトロがないなんて。

歩いて帰る。
学校までは三十分で歩けるようになった。歩くのは、慣れたら早い。
でも、行きか帰りどちらかはバスに甘える。暑いうちは無理しない。

彼が帰る。
予想していたより早くて、ビデオは一本も見なかった。
食って寝てまた食って帰って行った。
睡眠と栄養補給。今彼に一番必要なことだ。
無駄がなくてとてもいい。

彼が帰ったので私も寝る。起きる。
結局昼夜逆転。明日の2限には行けるだろうか。いや行かなくては。

明日も来ると言った。

近くにいるというのはとても有り難い。貴重で幸せなことだ。

全然違う所から来て、接点なんてほとんどないところで偶然に会った。お互いに硬い壁があり、しかも間に何人かの人がいた。その人達を混乱させたし、今ももしかしたら悩ませているかもしれない。
でもしょうがない。悪いとは思うが、謝る気はない。

すぐに離れ、それからどうしようもなく離れる。
孤独になる。不安になる。
通り越して楽になる。というか慣れる。
一緒にいるというのは難しいことだなぁと何度も実感する。

それでも電話すると緊張の糸がきれ、顔がゆるむ。
電話代がかさむ。タダとももあったものではない。でもしょうがない。

欲しがることは無謀で、それに答えるのもさらっとできることではない。言葉は責任の重みを伴う。それなりに覚悟がいる。
それを分っていながら無邪気に欲しがる。待つ。なんでかしら、と思う。ほんとに不思議だ。

手紙をわたし忘れてしまった。
最近は文らしい文をやりとりしていない。感覚的で適当な文とさし絵。
きちんとした文で伝えることはたぶんもうないのだと思う。

この文通も、もうすぐはじめて2年になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

んーー

いやいやこれは、と思うんだけど、
改めてなにが悪いのかと考えてみるとなにも言えることがないことに気づく
ということが多い最近。

過激な感じがするけど、何も間違ったことは言ってないんだ。
戦争とか圧政とか
私が実際に見たこともない世界での出来事で
そこで何が起っていたか、いるか、ということについては
誰が何を言っても、それが正しいとも間違っているとも言えないな。

つまり私にはどうしようもない
この問題について私は安易に手を出すべきでない。

卒論で触れようとミュータント花子を読んだんです。
どフィクションなんだけどもしかしたらそうとも言えないし
政治的にデリケートな部分をぐりんぐりんとえぐりえぐるんだけど
表面はただ適当なタッチの下衆いエロ本なんだよね。

これで自慰行為におよぶ子もいるのか。
でも別に間違いではないし、全然変なことではないな。

なんだよ、もう思うつぼじゃないか
私にはなにも言えないわ。

悔しいの一言。

見なかったことにしようかなと思います。
ナルトでも見てさっさと寝よう、と思ったけど
逃げ場がアニメなのもなんか悔しい。

やるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

untitled

あぁ本当によかったー
と強く感じたら、ぼろぼろと涙がでました。

嬉しくて泣くなんてすごいことだ。
どんだけ嬉しいんだよ自分。

ちょっと落ち着いて
ゆるく笑う。

ぇあははー


そんでまた泣く。

ぐすぐす

なぜかしばらくめそめそめそめそして目まではれてしまった。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

17:00 pm

Photo

ドアがコンコンコンコン!と鳴る音で目が覚めた

今日何回目の起床か

汗びっしょりだ
夏だなー

いいかげんピンポンつけてくれてもいいのに、どきどきするこれ

ドアの穴からのぞく

知らない男の人立ってる

怖いからそーっと離れる


昨日一気に昼夜逆転して
眠気がとれず、寝たり起きたりを繰り返していたら
もう夕方です

そういえばもう丸二日くらいメールが来てない

生きてるんだろうか

過労死だろうか

餓死だろうか

通り魔だろうか

心配


でも、がまんがまん


さー
勉強しなきゃねーーやらなきゃいけないことは山ほどあるはずなんです
ナルトを見ている場合ではない!

シャワーびゃーとあびて着替えて出かけよ
どっか心地のいい場所ないかしら!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

3:00 am

あはは
今日会ったみんなが夜になってそれぞれブログを書いていて
面白いなぁ
お風呂に入ってちょっと落ち着いて
今日の一言、てかんじだね

ジュディとかどたのやっと見つけた!
まきこのは探すの大変そうだからあきらめる

ほほほ

月見バーガーって懐かしい
湿った芝の上で飲み
ちゃりでばか山上り下り
はしゃいだ月夜だったわ

おなかすいたー
なんの秋、と聞かれたら間違いなく食欲だなー私は

そういえばちゃりでマックのドライブスルーに挑戦したのもあの頃だったかしら。
ねぇ。
病気なおりましたかー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここでの生活

四週間ぶりくらいに群馬から帰ってきたらなぜかインターネットがつながらなかったんだけど、
それはポストに返ってきていたビッグローブの支払い方法登録申込書のせいだと思っていた。
(こうゆう登録系、絶対一度以上書類不備で返ってくる)

ビッグローブはいつになっても電話がつながらないし、自動音声で「インターネットからでも登録できます」なんて言われてもそのインターネットが使えてないんだよ、とか思っていらいらしてたのね。

そしたらさ、
さっき見たらさ、
水色の線の根元の方が抜けてたよ。

なーんだよう
もう

でもよかった


それで、最近越してきたばかりの我が家は虫と縁があるようです。

米から這う系の虫がわいて

その残党か、羽系の虫達が天井あたりから襲撃

実家から送られてきた野菜からアオムシが出現

今夜は、帰ったら蝉が一匹ドアの前で座ってました。

「入れて、待ってた☆」
みたいな。

いや、来ないで迷惑だから。
私の部屋に虫なんて必要ないんだよ。

部屋に一歩入ると
わずかな物音に耳を傾け
その辺に散らばるすべての小さな点が動くかどうかに注目し
なにかを開ける時にはその瞬間何者かが襲ってくることを覚悟し
夜部屋を暗くしたら
無数の殺した虫達と生き残って潜伏している虫達のことを考え、なかなか眠りません。

本当に寝ても覚めても頭から離れなくて
もう私、支配されちゃってます。

なんか恋みたい。

悔しい!

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »