« untitled | トップページ | 九月九日 »

んーー

いやいやこれは、と思うんだけど、
改めてなにが悪いのかと考えてみるとなにも言えることがないことに気づく
ということが多い最近。

過激な感じがするけど、何も間違ったことは言ってないんだ。
戦争とか圧政とか
私が実際に見たこともない世界での出来事で
そこで何が起っていたか、いるか、ということについては
誰が何を言っても、それが正しいとも間違っているとも言えないな。

つまり私にはどうしようもない
この問題について私は安易に手を出すべきでない。

卒論で触れようとミュータント花子を読んだんです。
どフィクションなんだけどもしかしたらそうとも言えないし
政治的にデリケートな部分をぐりんぐりんとえぐりえぐるんだけど
表面はただ適当なタッチの下衆いエロ本なんだよね。

これで自慰行為におよぶ子もいるのか。
でも別に間違いではないし、全然変なことではないな。

なんだよ、もう思うつぼじゃないか
私にはなにも言えないわ。

悔しいの一言。

見なかったことにしようかなと思います。
ナルトでも見てさっさと寝よう、と思ったけど
逃げ場がアニメなのもなんか悔しい。

やるなぁ。

|

« untitled | トップページ | 九月九日 »

勉強・アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/421501/23531499

この記事へのトラックバック一覧です: んーー:

« untitled | トップページ | 九月九日 »