« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

ほくほくもくようび


ひどく寒い
夏布団をしまい、冬布団を出す
米をたき、皿を洗い、弁当を作り、掃除をし、洗濯機をまわし、
布団を干し、シーツを干し、洗濯物を干す
夕方になったらにわか雨が降るかもしれない、との予報
布団を日にあてる時間を一枚あたりで計算する
ウィルソン先生が急に来いと言うもんだから
急いで布団を取り込んで学校へ

先生はずるい男
学校ない私を急に呼んだくせに
メールは返さないわオフィスにはいないわ
いつもそう
あたふたさせておいて、
それで、
会ったら許しちゃう
小悪魔か

M君と話したら
私の、会田誠への執着は一気になくなった
彼の言葉は、良くも悪くも確実な力を持っている
絶対に恋愛的に好きになれない人だと思う

なんだか疲れてしまって、そそくさと帰る

実家からじゃがいもが沢山届く
肉じゃがを作り、食べる
案外味付けがうまくいかない

とても寒い
出したばかりの冬布団に入り、しばらくじっとする
それでも全然暖まらなかったので
お風呂にお湯をためて入る
前の家で一度ためた時窮屈すぎてこりたので、それ以来したことがなかったけれど
案外大丈夫
とても暖まって気持ちいい
血行が良くなって肌もつるつるになった気がして、気分がいい
いい匂いのクリームを塗って、より気分がいい

彼からもうすぐ帰ると電話
じゃあお風呂にお湯をためて、肉じゃがを暖めておく、と言うと、
そんなのとても幸せだ、と喜ぶ

部屋をきれいにして、布団を干して、
自分をきれいにして、食事を作って、お風呂を用意して
なんだか、いい主婦みたい
こんな風だったらとても幸せだ、と思う

にやにやとしながら、
どうしようもなくふわふわとした話をする
現実で疲れていて色々大変な時は、
想像とか妄想とか夢(寝ながらみる方)とか、
そうゆうのを楽しむ
お互いに、きちんと空気が分かっているなぁと思う

修学旅行みたいに、目を閉じてだらだらと話す
私はどうしてもおなかがすいて
食べ物の話ばかりする
だんだん静かになって、だんだんと寝る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カフカの変身の夢、の夢

久しぶりの夢シリーズ、
なんかすごい夢を見ました。
長いです。

.............................

セクメのえいすけと付き合うことになる
しょーたりーに言われて間接的にそれを知る
ほとんど話したこともないのになんで、と思うけれど、
まぁいいか、と思う

バイトを始める
また三鷹フレッシュネス
新人としてドリンクから始めるのかなぁ
でもはじめから教えてはくれないんだろうなぁ
まいった、忘れちゃったよ、と思いながら
早めに家を出る
17-21時のシフト
16:15にチャリに乗り三鷹方面へ

16:20
調布あたり
そういえば、16時からまおさんまいこと、
17-19時にFGと会う約束をしてしまっていたことに気づく
FGはばっちりだめだ、と思って謝罪のメールを送る

まいこの方も無理だなぁと思いながら
デパ地下のカフェに来たら
まいことばったり会う
でももう出なきゃなんだ、一応16:45くらいまでは大丈夫だけど、と言う
20分もあればお茶くらい飲める

いつのまにかまおさんもすわっている
カウンターに3人並んでアイスとコーヒーを飲む
カウンターの中
ミンチしてその瞬間に冷凍できるマシンで、色んなミンチの冷凍を作っている店員
何かの液体からミックスベジタブルとかを作っている
店員と、便利ですねぇうちにも欲しいです、などとしばらく話をする

たくさん説明し出す店員(たぶん店長)
奥の壁には、腸のようにうねうねと長いチューブが張ってある
人の腸はこんなサイズかな、と思う
科博で牛とクジラの腸の剥製を見たときは、でかくて長くて迫力あるなぁと思ったけど
これくらいなら、なんかかわいいかも、と思う

中身は、ケチャップとマスタ−ド
すごい考えましたね、と言ったら
これは毎回新しいのに変えるから衛生的な心配もないし、店長はほくほくと言う
試しにマスタードを出してもらう

出すときは、魚肉ソーセージのビニールを切るように、歯で噛み切る
本当に衛生的に大丈夫なのか?と思う
マスタード
チューブの外からは黄色く見えたのに、
出てきたら青
しかも絵の具みたいなすごい青
え!黄色だったのに!と言ったら
いや、マスタードは青だから、と怒られる

16:45
焦って会計
レジで店員がもたつく
いらっとしたので、まいこに2000円渡してバイトに急ぐ

あたりはチャイナタウンならぬ台湾タウン
広くて長い一本道を、歩いて駅に向かう
でも、ひどい向かい風にむかっているみたいに進まない
体を斜め前に倒しても、やっと一歩進めるくらい
でも無風
向かいから来る人は普通に歩いている

16:56
全然進まない
もう時間通りにバイトに入るのはちょっとあきらめている
一人で、どう歩けば進むのか試行錯誤しながら進む
隣に台湾人のおっさんが追いつく
こう、足を横にそらせて,流れを作って進むんだ、とアドバイスを受ける
近くの路地には太極拳をやっている人がいる
これか、と思う
私が、まるで海の中を歩いているみたいですね、と言うと
おっさんは、カフカの変身の世界だよ、と言う

駅前の交差点にたどり着く
目が覚める(7:30)

半夢
起きたら、現実にも同じ交差点に立っている
現実ではちゃんと前に進めるのか不安になって、歩き出せない

面白い夢を見たなぁと思ってブログを書きはじめる
タイトルは、「カフカの変身の夢」
台湾タウンのことを書きたくて
たぶん20ブロックはあったよなぁ、と思い出す
テンプレートを変えたら変になる
部屋の中みたいな

再び夢
えいすけの部屋の中に、えいすけと私
と、えいすけの元カノ、そして元々カノ、と、えいすけ姉
とにかく多くの女
なんか居づらいなぁと思っている

元カノや元々カノに特に悪意はなさそうだ
でも、そのネックレスもらったの、とか聞き合ってる
胸がやたらとでかい

えいすけの母が帰ってくる
ショートヘアでさっぱりした、感じのいい人
にこっと笑ってくれる
安心する

お土産、と言って箱を出す
包装紙にムーミンがいて、興奮する
会津で買ってきた、長野うまいもん市の、なにか
ムーミンをキャンペーンに使っているのは
会津なのか長野なのか、と迷う

えいすけとは結局一度もしゃべらずに、夢が終わる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うきうき通りを歩きたい水曜日

お昼から部室に居座る
試しに切り絵をしてみるが、とてもはまる
オートマティックに手がうごいて
突拍子もなくすてきな物が出来上がる感じが、すごくいい

かんたとしばらく没頭
こうゆう類いの創作に関して
かんたとは感覚が合う

時間を埋めるようにご飯を食べて
門田とちょっと恋の話なんかをする
ぽんと話していて気づいてしまったのだけど
私と付き合った人はみんな、別れた後で不幸な方向に進んでいる
怖い
でも別れなければいいだけの話

部屋で一人でやってしまいそうと思ったので
切り絵の道具は全て置いて帰る

みきとカラオケ
最近はみきと二人が多い
まきこなんて見もしない

かわいい男の子の恋の歌を沢山歌う
私たちは最近女の子の歌を歌わない

沢山幸せな歌を聴いて、うきうきして苦しくなる
そういえばバイトをしていた頃
彼が勝手に焼いたCDには
サニーディサービスとくるりと中村一義と真心とスピッツとハナレグミが
きちんと入っていたのを思い出す
なぜかよけいに苦しくなる

夕飯を食べたのにまたおなかがすいて
寒くて眠くなる
雪山で死ぬみたい

今日はどこで誰といてもちょっと苦しい
実家に帰りたい、と思う
たぶん自分が足踏みをしているからだろう
本と資料のコピーだけはどんどん増えて、もう情報量は莫大なのだけど
それを全くマネージできていない
物理的にも精神的にも
どこに何があるのか分かっていない
こまってしまってちょっと投げている

また本が届いてる
全部読めるんだろうか

彼に電話してみる
私からかけた電話がつながったのは、いつぶりだろう
思い出せないほど昔な気がする
そんな感じだから、なんか慣れなくて
しばらく黙ってしまう

そして
色んなうっぷんがたまって八つ当たりする
良くない、生理前の女
わけわかんない文句を沢山言い
責め立てることを正当化する自分が一人
同時に、自分はなに言ってるんだ、と
冷静なもう一人の自分が要所要所で沢山謝った
ヒスな人が二重人格に見えるのはこうゆうことか

昔つきあっていたヒスの彼に、理解してあげられなくてごめん、と思い
そんなヒスを相手するのがとても大変だったことを思い出して、
今の彼にも、ごめん、と思う

早く生理がきてしまえばいい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風が冷たくてきもちい

『秒速5cm』見る
はじめは目がくさるようなベタなかんじだ、と思ったけど
全部見たら、うまいなぁと思う

小学生と高校生と社会人では、
ひっかかるポイントが違う

不安だと思うことも、すてきだと思うことも
その時々で変わる
今の自分の目線だけで見てはいけないな

携帯がなかったこどもの頃は
電車が止まってしまって、待ち合わせの時間につけないことが
どうしようもなく不安で

高校生になったら
どこか遠くを見ている男の子に憧れて
誰にメールを送っているんだろう、と気にしたりする

大人になったら
あきらめというか見切りというか、がやたらと早くて
人生はこんなもんだ、とか
あっさりと言うんだろうか

外に出てた時間より、家に帰ってきてからの時間の方が長かったのに
なんにも勉強できなかったなぁ
ちょっと、もう、寝よう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のびのび火曜日

東大駒場に資料探しに行く
ひさしぶりの井の頭線
この路線はいつものんびりしている気がする

駒場は新しくてこじんまりとしてる
本郷のザ・アカデミーみたいな感じにくらべると
なんかとてもふつう
私大みたい
外にすごく沢山の人がいる
にぎやか
すごくばかみたいな人も沢山いる
みんな授業の合間なんだろうか
授業の時間に外が閑散とするのはICUだけか

心なしか人が親切な気がする
本をコピーしに行く、と事務の人に言ったら
これに入れていってください、とかっこいいバッグを貸してくれた

音楽学の伊藤先生に本当にそっくりな人が歩いてた

夕方前には帰る
吉祥寺乗り換え
降りるときすれ違ったのは
ハリセンボンの死神みたいな方の人
もじゃっとした男の人と楽しそうに話していた
あれが噂の彼だろうか

ユザワヤで祭のための買い物
紙とかテープとか選んで選んでやっと買う
一枚300円とかする紙を見る
高い染料で染めてあるらしい
私は安いのを沢山買う

中央線
すてきな着物を着込んだ、明らかに落語家なおっさん二人が
寄り添って爆睡
じろじろにやにや見てしてしまう

一年半後にはどこに住んでいるんだろう、と考える
中央線が便利だけど、井の頭線もすきだ
やっぱり東京がいいけど
どこにいるかなんて全く予想がつかない

とりあえず
広いお風呂とキッチンのついた部屋を想像する
そしたらしっかり掃除もしよう

火曜日か
DVDかりにいこうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たらたら日曜日、その後

かどたとだらだらな計画がだらだら流れて
今日も予定がなくなった
化粧をしたのに、外に出ずに終わる日だな、と思う

今週末までのレポートをちょっとはじめてみたけど
案の条集中できるはずもなく
代わりにザ・ノンフィクションに集中してしまう

オルカというホームレスの人のやつ
ジャンクビジネスの回もたまたま見てたから
気になってたの、その後
世の中には色んな経験をする人がいるなぁと思う
38歳でもう仙人みたいな顔になってしまって
しわの深さがそこらの人とは比べ物にならない

その後
なんとなくregina spectorの歌詞をよく読んでみる
なんかすごそうだな、とは思っていたけど
やっぱりものすごかった
アルバムを一時間位かけてじっくり聴く

もう血とか人種とか、病気とか
頭で考えてもどうしようもないものが
こびりついて離れないんだろう
それで、死ぬ程悲しい
ほんとに死んじゃうくらい

でもとても柔らかくて優しい顔をしてる
それにとてもきれい
不思議

久しぶりにお酒が飲みたいなぁ、と思って色んな人にメールしたりする
彼とはしばらく連絡がとれない
着信履歴を沢山残すことに抵抗がなくなったのは、ずいぶん前のこと

さよとひがこにご飯を食べに行く
同時にほーりぃからお誘い
あぶないあぶない

お酒でないもので乾杯
たらたらとしゃべり、早々に解散
さよとふたりで会うときは、いつもあっさりとしている
さよといると、私のあっさりな部分がよく出るんだと思う
集合、解散、という単語が似つかわしい感じ

帰りはひがこから歩く
ひがこの駅前の道から、奇跡的に一本道
ちょっと左に折れただけで家に着いた
グーグルアースで来た道を見てみたくなる

そういえば昨日ネットでバイトを探していたら
グーグルアースのstreet viewの撮影をする人の募集があった
あれ、どうゆう人が撮ってるんだろう、と思っていたけど
バイトだったのかぁ
私がしたらICUの中まで見れるようになるな
あとは、境から吉祥寺まで行く道
住宅街のど真ん中と、高架下を通る暗い道

帰宅、ドラマを真剣に見る
スキャンダル、ちょっとおもしろい
ドラマをちゃんと続けて見るの4年ぶりくらいだ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

四年生

とうとう卒論がだめになって
ぽーーんと放った

なんにもしないと一日が長い
いいバイトないかなー

森美の受付に応募してしまったけど
六本木なんてちょくちょく行けないなぁ

ずーん
セカンドライフ、やるとしたら今かも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰かビデオを再生する道具を持ってませんか

ラーメンズのatom
一番好きで、アマゾンで買ってしまったんだけど
そういえばビデオだった。
見れない!
見たい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もくもくもくようび

昨日も朝まで眠れなかった
こうゆう時は、ここ2年位の出来事をできる限り細かく辿る
安心してよい

お昼過ぎに起きる
今日は会える日だから
してるんだかしてないんだかわかんないくらい薄い化粧で
匂いがなくてべたべたしないものをつける

エクセル行く
入り口で奇跡的にさおりと会う
店内にはあいちゃんがいる
超偶然の再会
ふたりはとても相変わらずのテンポで話す
なんだかなつかしい
沢山笑う

全然勉強できなかったけど、おなかがすいたので買い物して帰る
イトーヨーカドーは商売がうまい
冷凍食品半額だとつい買ってしまう

少し食べる
あとで揚げる天ぷらのためにおなかには余裕が必要だ


天ぷらパーティのために下準備
揚げたてを食べさせたいけれど、待たせたくもない
食材を痛めない程度にぎりぎりまで用意

でも結局パーティは不発
11時に帰ると言った時は危ないな、と思ったけど
やはり12時近くなって家に来る
こんな時間に疲れて帰ってくる人に揚げものを出す気にはなれない
こうゆう時のためにみそ汁を作っておいてよかった

細かいことを我慢してだまると「大人になった」と言われる
そう言う彼は、少し悲しそう
それを見てまただまってしまう私は
全然大人ではないと思う

昨日も思ったのだけど
100%優しくなりきれないのは、1%も優しくないより罪が深い

深夜
おなかが空いたので天ぷらを揚げる
先週練習した成果か、とてもうまくいく
一人でうまーとか言いながら沢山食べる

案の定気持ち悪くなってしまう
かなり残ってしまった
お弁当にしよう

あ、でも明日の午後は科博に行かなきゃいけないんだ
めんどくさい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水曜日


ひまで、そしておなかがすいていて
かどたと一緒にほーりぃにご飯をおごってもらおうと、彼にメール
その後
体育の日は海に行ってふんどしでビーチフラッグをしようとか
くだらない話に花を咲かせ、一旦帰宅


かどたとユザワヤに行き、真面目にふんどしの布を選ぶ
ユザワヤは来ると楽しいけど
色々ありすぎて、いつも選ぶのにすごい時間を費やす
で、色々購入
結構たくさんつくれそうだ

お家に帰ってご飯作って食べてまったりしていたら
ほーりぃから電話
メールのことなどすっかり忘れていて
あ、まずい
と思い、
断ってみるけど懇願され
交通費が…とばかっぽいことを言ってみたけど通じず
新宿へ

彼は社会人になってもとっても相変わらず
とりあえずうんうんと根気よく相づちを打つ

帰り、改札前で交通費として千円くれる
スーツの人を相手にして、本当にこうゆう商売みたいだ、と思ったけど
違うことはない

かどたにメールで
「つかれたけど、交通費もでていいバイトだった」とメールを送る
つもりが、ほーりぃに送信されていて
千円で愚痴きいてもらえるなら安いです、利害の一致ですね、と返信がある

私はなにがしたいんだろう、と少し複雑な気持ちになる
とにかく、誰か彼のことを心から愛して、飽きずに話を聞いてあげられる人が現れればいい

それで、関係ないけどとても暗くて寂しい気分になって
歩くのがひどくゆっくりになる

明日は久しぶりに会える
私はきっとまた
にこにこして物わかりのいいことばかり言うんだろう

誰も悪くないのに誰かを責めたい気分
生理がくるのかな

| | コメント (1) | トラックバック (0)

私の周りの男たちの話

ここ一週間ちょいかかずらっていたレポートを終えたので
ちょっと卒論に戻ってみる
気づいていたことだけど、やっぱりすごく問題のある進め方をしていると
今回のレポートを書いてみて気づいた

具体から理論に持って行かないと
理論から見たのではふわふわとしたまんま
どこにもたどり着けないわ

作家自身の言葉を丁寧に読むことから始めよう
それで、会田誠はあきらめようかなと考える
だって、素直すぎるし、親切でない
それにかわいくない
村上隆はまだよく知らないけど
たぶんかわいくないんだろう

それに比べて、森村泰昌さんの本は読んでいて癒される
とてもいい人そうだ(さん付けで読んでしまう程)
この人のことを書いてもいいかななんて考え始める

theme writingに関して覚えているのは、
テーマを決める時に先生が言っていた言葉だけ
「数ヶ月間君はそのことで常に頭がいっぱいになるんだから、恋人を選ぶ気持ちで選びなさい」
その通りだ、と思う
半端な付き合いをしない気合いでするなら
最終的に好きか嫌いか、のどちらかになってしまうんだろう

さて私はどの男を選ぼうか(別に女でもいいんだけど)
どうせ好きか嫌いかのどちらかになるのなら
好きになれそうな人を選びたいと思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日から火曜日

昨日の夜はなかなか眠れなくて
結局また朝方になってしまった
下の部屋からずっと変な声がしてた
動物の赤ちゃんみたい
女の人が時々あははって笑っていた
私が窓際でげほげほ咳をしていたら、がらーっと窓を閉める音がして
それからなにも聞こえなくなった

そんで、起きたら2限はじまってた
急いだら出席だけは書きに行けるなぁと思いつつ
ぼーーーーーーーーーーっとしてたらお昼

まだ体調は悪いけど、ID再発行しに学校へ
途中でチャリがパンク
押して歩いていたら熱があがってしまった

部室でぐだぐだレポートの仕上げ
夕方、ほぼ終え
思い立ってシニアを撮影しに行った

おなかがすいて、みんな帰宅するようなので私も帰宅
途中で我慢できずにチャリ屋に寄る
タイヤ交換で5千円は相場よりだいぶ高いのでは
え、5千円ですか、とおっさんに何度も聞き返してしまった

レポートを最終的に仕上げた
部室に充電のやつを忘れたので、予備電力でがんばる
フォーマットに慎重になりすぎるのは、
留学病かもしれないけど損ではない

明日は授業ないけど
レポート提出とシニアお手伝いに行こう

それで、今日もなかなか眠れない
念のためゴミは夜があける前に出しておこう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一歩も外にでなかった日曜日

起きる
テレビ
作る(いためる)
食べる
テレビ
勉強
化粧
ユーチューブ
寝る

夕方

起きる
勉強
テレビ
洗う(皿)
作る(揚げる)
食べる
勉強
テレビ
勉強


洗う(皿)
作る(揚げる)
食べる
テレビ(ドラマ)
洗う(皿)
洗う(服)
風呂
掃除
干す
テレビ
勉強

テレビが友達みたいな日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日

レポート終盤
もうそろそろ仕上げたい
が、煮詰まってまいりました

色々考えて2ページ分削除しちった
でもなんかすっきり
この短さではなんにも言えないもの
無駄なことは省く省く

ちょっと逃避で揚げ物をしてみる
初めて
そんで失敗

少ない油でやると温度調節が難しいねぇ
すぐこげる

しかもキッチンが油だらけだ
足べたべたするし服油くさい

ひとり暮らしの狭いキッチンでやるもんじゃないな

でも今週の天ぷらパーティに向けていい予行練習になった
はじめは温度低めでいくべき!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金曜日

朝ぎりぎりに起きて
スッピン、ひよこTシャツ、ジャージ、でかいリュックという出で立ちで学校へ
今日はラストバカ山でトリニティーズ撮影なので、ちゃんとお化粧道具持ってきた
2限終わり部室でブランチを食べつつ眉毛なんかを描く

ID失ったので本の更新ができない
しょうがないから全部返しちゃう
でも案外いらないかも

ゴロチ前
なんか調子悪くなる
ソファで静かに時間が過ぎるのを待つ
みんなが話していることとかに少しだけ反応して笑ったりする

ゴロチ後
大変調子が悪くなる
かぜひいたに違いない
今日こそ揚げ物をしようと思っていたけどだめそう
のどが痛くて歯茎が痛くて腹筋が痛い(これは昨日走ったから)

ユチャ茶にショウガを入れて飲む
すごいうまくてぽかぽかする
かぜをひいた時に甘い飲み物にショウガを入れるのはとてもいい

あまり食べてないのにゲロっとなりそうになる
あぶないところで踏みとどまる
せっかく食べたものをあげるなんてもったいないことできない

週末で一気にレポート仕上げようと思ってたのに、誤算
思う存分ぐっすり寝たい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

密かに気になっているもの

Photo_2

女用ふんどし
よさげ

黒猫とかは結構普通だし
ネットで買うと高いから自分で作ってみよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そう簡単にはいかない

絵を描く時はどうゆう時かなぁと考える

私の場合絵を描くことはスポーツに近くて
ただ体を動かすことが好きな人がスポーツをして汗を流してすっきりするようなもの
それだけだ

Vangogh_selfportrait1889

ものすごい勝手な妄想で話すと、
ゴッホとかを見てるととても被害妄想的
絵とは関係ないところで悲しんて落ち込んで怒って嫉妬して
絶望だ!耳とか送って死んじゃうぞ!って言って
で、ほんとに死んじゃって
絵は彼をなにも助けてくれなかったのかなーと思う

Sherman_untitled_1531_2

シンディ・シャーマンが写真を撮った時はどうだったのか
色々な服を着て、色々な人になってみたくて、
そんな自分を写真を撮ってみたけど、なんか空しくて
夜になったら悲しいのがエスカレートして
どんどん眠れなくなっちゃったみたいな
で、最後まで朝はこなくて、すごく悲しくて
最終的にはばらばらになって土に埋まっちゃおうとするんだけど
ぐちゃぐちゃになってもう意識のない塊になっても
まだなんか悲しいみたいな
そんな感じがする

絵や写真をつくり続けたけど、一体なんの役に立ったんだろう
昇華とか発散とかうまいこと言っても
そういう人もいればそうでない人もいて
そうでない人はじゃあなんのためにつくっていたんだろう

不思議だなぁ

聞いたところで答えは返ってこないし
人それぞれと言ってしまえばそれまで
だけどたぶん私の一生の謎だ


figures
top: Van Gogh, Vincent.  Self Portrait. 1889.
bottom: Sherman, Cindy. Untitled #153. 1985.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の月は写真に撮りたかったんだけど、私はカメラがないので誰かがすてきなのを撮ってくれてたらいいなと思う

レポートに本気になれずに2日くらいだらっと過ごしてしまった
はっきり言ってちょっと困っている
小さい枠の中にいろんな事柄を盛り込まなくてはならないので
とにかく要領よくうまく整理して書かないといけない
言葉の至らなさを思い知らされる

確実な正解のない学問のなかでは
ひとつの材料から限りなく広がってしまう
それらしく収束させるにはうまい言葉で無理矢理納得するしかない

雰囲気ではなくてどうしても頭で理解したくなってしまうけれど
そんなの徒労で、まず不可能かもしれないとも思う

それにしてもこんな拙い言葉しか持たないで
これから私はちゃんとやっていけるんだろか

.......................................

PSアイラヴユー、公開するらしいです
普段恋愛映画とかあまり見ないんだけど、
これは留学帰りの飛行機でぼろ泣きしてしまって
なつかしいし普通にいい映画なので
ちょっと見に行こうか迷います
女の人がかわいいの、とても
でも映画館に恋愛映画を見に行くなんてなんかこっ恥ずかしいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時間の感覚がわからなくなった

昨日の夜寝たのは3時頃で
朝ちゃんと起きれるかなぁと思ってたら
朝6時半に来客
なかなか眠れない

どうにか学校へ
死にそうになりながら授業に出る
この学校には祝日もくそもない
終わって部室にばたっと倒れ込む
ぽかぽか
むんむんしながら寝る
ひどく天気がいい

さて散歩でもしようか、と思ってたのに
仕事が入ったとメール
この天気と脱力感どうしてくれよう
弱ってる分ダメージがでかい

気を落として図書館へ
すごい落差
でも意外にがんばる
図像学は調べる程ヒントが出てくるから楽しい
真珠の耳飾りに写りこんでるの、部屋の中

夕飯前には帰る
適当に食べてどうしようもない感じで寝る
三時間後体がかゆすぎて起きる
乾燥め

テレビで杉浦太陽が女装してて
めちゃかわいいけどなぜか悔しい
慣れた感覚
そう、それは猛禽

10068330811_s_2
うん、かわいい

きっとこうゆう女の子が好きなんだろう
アヒル口とか上目遣いとか体得していらっしゃって
猛禽に男も女もないわ、と思う

どーでもいいけどー

沖縄にでも行って
ぱやぱや騒いぎたいわーん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長い一日

昨日の夜遅かったのに普通に早く起きる
しかも二度寝はできない

お昼前に出て、渋谷へ
ブンカムラでミレイ展
普通に楽しい
もっとずぅーんてなるかと思ったけど、
結構明るいしなんか普通の人っぽくてよかった

お昼はパクッチバーガー
うまい、けど確かにバーガー率高い

浜松町から船に乗る
風がびゅんびゅんですごく気もちい
そんですごくデートっぽい
もじもじする
こんなぽいことをしてしまって
後でばちがあたるかもしれない

周りを見たらみんなデートをしてる
お休みの日ってかんじだ
ぼーっとして目をとじたら寝そうになる
こうゆう時間はきっと長くはないから
忘れてしまわないように体と脳みそにすりこむ

お台場に上陸
初めて降りる埋め立て地に、すごいすごいと興奮
エンターテイメント島だ
セントーサ島とかコニーアイランドみたいな
結婚式をやってる人たちもいる

081011_155214

他の施設に目もくれず目的地へ
船の科学館別館ナントカ丸
客が全くいないのでやってるか疑いながら、募金としての200円払い中へ
船の地下に広がる昭和初期の青森の街
完成度高い
楽しい、人いない
まさにB級
「わざわざこれを見にお台場まできました」と職員に言えば良かったかとか話しながら
ゆりかもめですぐさま帰る
東京タワーは別の日にする

なんだかひどく疲れたので、境に帰ってぐーぐー寝る

夜、起きる
ちょっと落ち着かず歩き回る
歩き回ってたら時間が過ぎてエクセルもスタバも閉まる
しょうがないからドトールへ

それでも落ち着かないし文献も意味分からない
みきにメールしてすぐにカラオケ
猛禽歌に挑戦するもすぐに限界がきて、ひたすらミスチル
今日はスピッツも入る隙がない
ぜんぶがすてきな曲に、入り込み元気づけられる
みきは桜井さんに打ち抜かれる

深夜
強い風
台風みたいで気もちい
この時間になると星がよく見える
オリオンがでる季節

テレビでap bankの夏フェスを見る
なんてすてきなラインナップ
みんな愛愛と歌う
とても楽しいんでいるのが伝わってくる

グレイは不滅
いつになってもテンションをあげてくれる
今日も歌ったよ、いつもありがとう

そして大塚愛と桜井さんがともに歌っている
すごい
ついさっき完璧な猛禽ぶりを見せつけた女と、完璧に女心をつかんだ男が同じステージに!
なんかとても危ない!怖い!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初秋の宵

きのこご飯作ってみたけど失敗した
ぽろぽろ
水の量が難しいのかも

もう一回炊き直す
炊けるまで30分
彼が来るまで1時間

こうゆう時間が一番苦手
何か始めるにも短すぎるし
何もしないにしても暇

レポートは…
したくない

とりあえずテレビを見てしまうけど全然面白くないし
アニメでも見ようか
ジブリだろうか

さんま先に食べちったー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は学校に行かない

お昼前から門田と写美の展示を見る
面白いけどこれでレポートを書くのは大変そうだ
一週間で書けるか不安になる

たらたらと広尾へ歩く
初めて行くけど、落ち着いていていい雰囲気
ナチュラル系で高いバーガー屋がやたらと多い

ちょこちょこ食べながら恋愛話
女の子って感じだ

ナイトウォークを計画
寒くならないうちに海で日の出を拝みたい
下北〜湘南が有力でしょうか

帰ってちょっと寝て、パフェを食べにロイホへ
月が煌々と照ってさわやかな夜だ
みどりちゃんの家の教育方針に関心する
今の生活の中からテレビを見る時間を100%排除したら
なにかを制作できるくらいの時間が生まれそうだ

お風呂からあがって服を着るのを面倒くさがる
結果、江古田ちゃん状態(パンツだけははいてる)
寒いと思ったけど布団をかけていたら自分の体温で思いのほか暖かい
でも布団から出られなくなるという欠点に気づく
なにか食べたいのに動けない

明日は一番長い日で憂鬱だけど、夜にはキノコご飯を作るのよ
ふふふふふ
秋!旬!
そのうち月見バーガーもつくってみよう

| | コメント (1) | トラックバック (0)

水曜日

気づいたら聖書概論ミッドクイズ
どうでもいいと思いながら受ける
早々に終えて売店へ
オレンジページのきのこご飯特集を立ち読みしてレシピを学ぶ
本格的に秋ですわ
手作り月見バーガー月見をしたいねぇと話す

部室
今日こそは博物館学のレポート書くために美術館に行こうと思ってたんだけど
体が元気なくて天気悪いし気分もどんどん落ちたので、お昼過ぎても行けずにもじもじとする
日本の美術館は遠いし高いし、一所にまとまってないのが大変面倒くさい

で、行かなきゃだけど行きたくないなーみたいなのを周りに沢山ばらまいたら
明日だったら一緒に行ってもいいよと優しい門田が声をかけてくれたのでそれに甘えることにする
とりあえず今日は待機

部室で卒業旅行の話なんかをする
私は台湾をプッシュした
さよが意外にも「ハワイではしゃぐのもいい」と言ったのを聞いて
最近がんばっておるからのぅ、となぜか関心
部室には居すぎてはいけない
マンガを読み切って帰る

帰ると見せかけて駅へ
一日なんにもしないわけにいかないのでエクセルで少々勉強
頭が混乱する
記号論とか出てくると対処に困る

帰ってみそ汁を作り、びくびく米をのぞく
虫はいなかった
よかった
その代わり、昨日までいなかった飛ぶ系の虫が割と多くいることに気づく
どこかから発生してるんだろうか
生ごみを早く捨てたい欲求にかられる

余談
今日たまたま買った6Pチーズがすごくうまい
普通のプロセスチーズと思いきや、カマンベールが入ってて超やらかい
エムケーチーズさんです、紹介

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はなしのこと

何年か前、私にはとても親しくなった人がいて
その人は夜な夜な私に電話をかけた
話は毎回同じような内容で
正直私は真剣に聞いたことがなかったけど
とりあえず根気よくうなづいていたら感謝された

私がたまたま的確なところでうまいことを言うと
その人はとても感心した
電話は相変わらずかかってきて、私は相変わらず切らずに話を聞いた
そしてその人は私のことを深く信頼していると言った

でも私はその人に何も見せていなかった
聞かれたことは話しても、聞かれないことは話さなかった
うそはついていなかったし、それでいいと思っていた
しかしそれが結果的にその人を裏切るような形になって
すこし距離があいた

私が携帯を川に落としてから、連絡が途絶えた
もう長いこと話していない

その人が今日夢に出てきた
私が連絡をとりたがっていると言うのを人づてに聞いたらしいが
連絡はとりたくないと言われ、結局話すことはできなかった
無神経だった私への当然の反応だと思った


ある人には入って行けても、ある人には入って行けない部分がある
親しくても、初対面でも、話せるもんは話せるし、話せないもんは話せない

家族親戚友達恋人知人とか、それ以上それ未満とかなんか面倒くさくて
つまり私は話したい人に話したいことを話したいだけだ

大切な人が突然いなくなってしまってどうしようもなくなったときに
ほとんど私的に連絡をしたことがなかった人に突発的にメールをしたら電話で丁寧に返してくれて
私はそれがすごく嬉しかった
こうゆう時私はこの人に話を聞いてもらうんだと思った

それから結構な時間が経ったけれど
今でもその人は私にとってそうゆう存在で
それ以上にはなってもそれ以下にはならない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短い日

授業はない
昼過ぎまでだらだらと寝る
自分は敏感な方ではないと思っていたけど、寝るときに人がいるとやっぱり神経を使うのか
浅い眠りからなかなかすっきり起きられない

夕方からオスマーにこもる
図書館に長く滞在したのは久しぶり
ちょっと休憩しようと部室に行く
ぽんとかんたがいて、楽しく夢の話をする
いいかげんバイトをしようかと考える

引き続きがんばっていたけれど9時になってとうとうおなかがすいたので帰る

体と心に元気がなくなってぼーっとする
テレビをつけたけれど全然面白くない
とりあえずドラゴンボールにチャンネルを合わせて友達のブログなんかを読む
たらたらとサーフィンしていったら、私がどうしても苦手な人の名前にぶちあたってしまって胸がぎゅっとする
テレビの中でベジータが「少しはゴハンのことも考えろよ!」と言ったのを断片的に聞いて、ご飯を食べてないことに気付く
パスタをゆでて食べる

ドラゴンボール見るって実家の夕食前って感じだ
よくご飯の前にカレーパンを食べながら見てたのを思い出す

本読んで頭ばっかり使ってるとつらい
イヤブ制作とかバイトとかドローイングで無理矢理にでも手を動かしてたのが、忙しくても結局はいい気分転換になっていたと思う
スポーツとかもいい
手軽なところでWiiは楽しそうだ
あー陶芸の授業とればよかったかな
お皿とかカップとか作って人にあげたりできたらすてきだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末

土曜日
山梨に一泊

夕方 一人
大月まで各駅で行く
だんだん暗くなって、電車内の人が減っていく
千と千尋の海列車みたい

清里のペンションに着く
オーナー親子が手を振ってお出迎え
超アットホームなのが一目瞭然
まんきつみたいな本棚に並ぶ図鑑から絵本から哲学書、そしてマンガ
持参した例のわけわかんない本を読む気がしていなかったので、ものすごく助かる
極寒 
ラウンジにあるストーブの前に群がる家族
ブラックジャックとゴルゴを読んで早めに寝る

日曜日


私の布団の中のウサギを横取りに来たけいたに起こされる
オーナーの手作りマグカップをもらう

手を振って見送るオーナー夫婦
リピーターが多そうだ

美し森でちょっとハイキング
紅葉し始めの森の中、すごく気持ちがいい
富士山はダントツに高い

お父さんとお母さんの友達の家
今回は農家で稲刈りを手伝うと聞いていた

なんかとんでもない家だ
サティアンと思われて警察に監視されていると笑うおっさん
うなずける怪しさ
なにかの基地か工事中かと思う
異様に多い道具類と食器類と本と布団と部屋
ここに15年間一人で住んでいるというんだから

稲刈りは今回はしないよ、と笑うおっさん
雨も降ってきたし、目的を失って力なくコーヒーを飲む
おっさんの結婚式の写真なんかを眺める
おっさんが壮大な夢を語る
家をコミュニティセンターばりに拡大して商業の中心地にするらしい
いずれは我が家がパーキングエリア、と真剣なまなざし

外にいた猫
病気みたいで弱々しく鳴く
すりよってきたのでなでてみる
ぎゅっと噛まれる
めげずになで続ける
ナウシカになった気分である
はげしく噛まれる
片手から血が出てもう片手はミミズ腫れになる
もういや、と思ってそそくさと逃げる

やることがないので温泉に行く
超茶色のしょっぱいお湯
おばちゃん達と芋洗い状態で入る
けいたに「あゆみのおっぱいはちっちゃい」と言われる
なんでお前にそんなこと言われなければいけないんだ、と怒る
桃とぶどうのジュースを買う
うまいうまいと言いながら飲んで
飲んだ後に100%じゃなかったのに気づく

東京
おみやげを渡すという名目で願わくば会えないかなんて思いながら
思いがけず手の凝った夕食を作るが、連絡はつかない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お天気様です

爽やかでどうしようもないですね最近。
ピクニックとか日和ですね。

そんな外を眺めながら室内派の私です。
誰か一緒に海とかいきましょう。

金曜日
ゴロチの博物館学は爆弾。
4時間ぶっ続けというのも当然あるけど、やっぱり自分の本気具合が違う。

昨日は区美術館の学芸員の方が見えて、2時間みっちりしゃべって行った。
内容もすごく面白くて新鮮だったんだけど、
最後にぽろっとしゃべった「いやぁ、こんなことばっかり話してると面白そうでいいわねぇなん言われるけど、大変なことの方が100倍くらい多いですからねぇ」の部分からがもっと人柄が出ていて
常に新しいことをやって行こうとすることの無謀さを分かって進むこととか
狭い世界の中で反対意見を受けとめる、というか受け流して共存することとか
激流の川の中を歩いているみたいよ、と笑いながら話していて、
とても強くて、大人ってこうゆう人のことだなぁと思った。

関係ないけど私も実践をもう一度したくなった。
これはきっといつになっても尽きない欲なんだと思う。

最近
わけわかんない本ばかり読まなくてはいけない日々で、
それは自分で選んだことで、これから先もしていかなければいけないことなのかと思って
自分は泥の中を歩いているみたいだなんてもらしていたんだけど、
激流より全然いい。
これも修行だ、と思って乗り切るのです。
勉強というより修行だ、と思ったのはアメリカ以来。

私は相当なエムなのかと思う。


さよならみどりちゃん借りてみる。
割とすごい役者を使っているのにコミックの方が全然面白い。
この構図はよく聞くけど、
メディアとしては映画の方が金も労力も時間もかかっているし
なにより3Dで表現の幅も広いのに
それを2Dのコミックがそれを凌駕するなんて、
当然のことだけどやっぱりメディア間にヒエラルキーをつけるのは違うなぁと思わされる。

話すり替えたけど、ただ面白いコミックにつけるには脚本と演出と配役がよくなかっただけの話。
オリジナルがある映画は難しいんだねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その顛末

昨日あんな妄想したから
犬と超会話できる夢見ちゃった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

末っ子も大人になる

私にはなんにもできない、なんにも言えないと思うことばかりだ

自分の生活から遠いことはもとより
自分の周り、本当に近いことがらすら
日常的に触れるものや近しい人や自分自身に対してすら
なんにも言えることがなくて困る

自分の自由になることや人というのは便利で必要だけど
もし万が一周りがそうゆうものばかりになったら
きっとつまんないことは分かっている
でもわがまま言って自分の思う通りにしたい


解決策
都合のいい妄想をする

つかれたなーと思ったら
まるっこくてちっちゃい犬とたわむれたり

寂しいなーと思ったら
布団の中にまるっこくてちっちゃい犬が寝てて、
なんだよーこんな所にいたのか探したぞ☆
って言いつつ思わず一緒に寝たり

むずかしいなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しいことしたい

口内炎なおらない

勉強
とりあえず学校に行けばやる気がでるかと思って来たけど
部室ならストレスも感じずにできるかと思って来たけど

なんかだめだー

で、ウロウロする
チョコを発見
でもおとしちゃう

ふーん

劇団の練習が左右からうるさい
ひたすら笑う練習みたいのしてる

またMくんに会って立ち話
最近彼と話すとへこむ
そんなことでへこんでる自分が弱々しすぎていやなので肯定したい

だってあいつはいやな奴である

フランス人がとても嫌いと言った
人間も言語もむかつくと、本当にいやそうな顔をして言った

曲がった奴

悪い大人にめためたにやられてしまえ
それで海外に逃げるなりなんなりすればいい

ネガティブなブログー
もー!笑うな劇団!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »