« その顛末 | トップページ | 週末 »

お天気様です

爽やかでどうしようもないですね最近。
ピクニックとか日和ですね。

そんな外を眺めながら室内派の私です。
誰か一緒に海とかいきましょう。

金曜日
ゴロチの博物館学は爆弾。
4時間ぶっ続けというのも当然あるけど、やっぱり自分の本気具合が違う。

昨日は区美術館の学芸員の方が見えて、2時間みっちりしゃべって行った。
内容もすごく面白くて新鮮だったんだけど、
最後にぽろっとしゃべった「いやぁ、こんなことばっかり話してると面白そうでいいわねぇなん言われるけど、大変なことの方が100倍くらい多いですからねぇ」の部分からがもっと人柄が出ていて
常に新しいことをやって行こうとすることの無謀さを分かって進むこととか
狭い世界の中で反対意見を受けとめる、というか受け流して共存することとか
激流の川の中を歩いているみたいよ、と笑いながら話していて、
とても強くて、大人ってこうゆう人のことだなぁと思った。

関係ないけど私も実践をもう一度したくなった。
これはきっといつになっても尽きない欲なんだと思う。

最近
わけわかんない本ばかり読まなくてはいけない日々で、
それは自分で選んだことで、これから先もしていかなければいけないことなのかと思って
自分は泥の中を歩いているみたいだなんてもらしていたんだけど、
激流より全然いい。
これも修行だ、と思って乗り切るのです。
勉強というより修行だ、と思ったのはアメリカ以来。

私は相当なエムなのかと思う。


さよならみどりちゃん借りてみる。
割とすごい役者を使っているのにコミックの方が全然面白い。
この構図はよく聞くけど、
メディアとしては映画の方が金も労力も時間もかかっているし
なにより3Dで表現の幅も広いのに
それを2Dのコミックがそれを凌駕するなんて、
当然のことだけどやっぱりメディア間にヒエラルキーをつけるのは違うなぁと思わされる。

話すり替えたけど、ただ面白いコミックにつけるには脚本と演出と配役がよくなかっただけの話。
オリジナルがある映画は難しいんだねぇ。

|

« その顛末 | トップページ | 週末 »

東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/421501/24252065

この記事へのトラックバック一覧です: お天気様です:

« その顛末 | トップページ | 週末 »