« 最後の祭り、その後 | トップページ | 秋の味覚 »

11月3日、短い日

昨日後輩と朝までカラオケをして
起きたらすでに日が傾き始める頃
どんな4年生か、と思う
今更とても大学生っぽい生活

みきがあっちゃんとラデュレに行く、と言うので
ついていってみる
あっちゃんも相変わらず、おいしいもの好き

東京駅、はじめて降りる
山手線の西側より平均年齢が格段に高い
冬の静かな夕方
落ち着いていていいなぁと思う

久しぶりの銀座
人が沢山
みんないい格好をしている

みきの大好きなラデュレ
不思議空間
入るのに30ー40分並ぶ
とにかく女の人が多い

お茶が1000円以上する
コーラは600円、エヴィアンは800円
雰囲気代か
こんなところが繁盛するなんて、日本人は豊かだ

ケーキを食べ、お茶を飲む
さすがにとてもおいしくて、みんなびっくりしながら食べる
マリーアントワネットと言う名前のお茶
まるでお花畑がカップにまるごと入っているみたいな香り
一生分の花を摂取した、と言う

みきは、幸せ幸せ、と言って頬を上気させていた
ここに常時通える位の稼ぎを持てるような仕事につきたい、と言った
私は、このハーブティーはどうやったら自分で作れるのか、ということばかり考えていた
人には色んな幸せの形があるなぁと思う

お土産にマカロンを買う
みきは、誕生日の近いお母さんのために沢山
私は、自分と彼のために偶数
あっちゃんは、自分で食べるために少量買う

ラデュレの袋を持って一人で歩いている男の人を見たら、
その人はきっと女の人へのお土産を買った人で、
そんな人を見たら好きになってしまうかもしれない、とみきと話す
あっちゃんは例外みたい

次はカレーね、と言ってそそくさと別れる
家で電話しながら簡単にパスタを作り
急に食べたくなったポテチを平らげて少し気持ち悪くなる
せっかく高いお茶とケーキを食べたのに
みきはカップラーメンが食べたくなった、と言っていた
人間は不思議だ

お昼過ぎまで寝ていたのに、なぜかすぐに眠くなる
カンブリア宮殿を見ながら、電気つけっぱなしでしばらく寝る

電話で起きる
お酒を飲んだ彼が来る
彼は体力のある人だ
お互いに今日のことを話す
お母さんとお風呂に入りながら学校のことを話す小学生みたい
学校でいやなことがあったら、我慢せずに帰ってくればいいと思う

だらだらと寝る
会話が途切れて静かになって
なぜか告白してしまう

彼氏になって、
という言葉は今までに何回か言ったことがあるけれど
心が痛まずに言えたのはこれが初めてで
それに、ちゃんと嬉しそうな反応をする彼も初めてで
こんなに簡単なことだったのか、と思う
彼がはじめて私に告白をしてから二年たった

私も彼も、考えすぎるほど考えて、
いつも頭爆発しそうになってる種類の人なのに
そのくせ感情にまかせて動いたりするので
だいたい結果だけみると支離滅裂な言動になっている
でもその感じもだんだんつかめてきて
お互いにいい意味で細かいことを気にしなくなった
二年間は、そういう雰囲気をつかむには十分長い
すんなりと言い、すんなりと受けとめ、すぐに寝た

 

|

« 最後の祭り、その後 | トップページ | 秋の味覚 »

東京」カテゴリの記事

コメント

告白って
なんだかきゅんとするねって
ぼんやり思っちゃった

投稿: さよ | 2008年11月 4日 (火) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/421501/25010525

この記事へのトラックバック一覧です: 11月3日、短い日:

« 最後の祭り、その後 | トップページ | 秋の味覚 »