« 秋の味覚 | トップページ | このふつか »

師走の一歩てまえは、いつも一日が早く過ぎる

今日なにをしたか、よく覚えていない
とりあえず、図書館に行かなきゃなぁと思いながらそれを実行できずに部室にいたことしか
本は1冊と半分くらい読んだけど
有用な物だったかは微妙
ちゃっちゃと終わらせてしまおうと思っていたレポートに手をつけられなかった
デューは明日
でも眠い

部室にしつこく残ったのは、割と読書に集中できる空間だったから
それと、なんだか話が盛り上がってしまったから

あさこちゃんとぽんと、なんとなく話していたことが
気づいたらぐりぐりとしたディスカッションのようなものになっていた
1年生のあさこちゃんにとって、4年生とこんなに話す機会は得難いことだと思った
大学って、色んな人と話す機会というのがすごく充実した空間
沢山話す程、成長できると思う

マカロンマカロン、とつぶやきながら帰る
賞味期限は今日
ゆっくりお風呂に入る
湯船につかりながら手持ち無沙汰になって、若干ハイジニーナにしちゃう
せっかく元通りにはえ揃ったのに

ゆっくりお風呂に入った後いい匂いのクリームをつけた日には彼がやってくる、
という偶然の法則
今日はじめて崩れる

マカロンは全て自分で食べることにする




|

« 秋の味覚 | トップページ | このふつか »

東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/421501/25061602

この記事へのトラックバック一覧です: 師走の一歩てまえは、いつも一日が早く過ぎる:

« 秋の味覚 | トップページ | このふつか »