« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

サンバのリズムを知ってるかい

ほほほい

昨日の夜からかぜひいてさ、今日は昼間ずっとだらだら寝てたのね
あー体起きない、と思って一歩も外に出ずに

で、夜の8時にたらんと起きて、
さくさくとディブルに行き、
ぽんみきと年度末歌いおさめ
越路吹雪なんか歌い

気づいたら財布に200円しか入ってなかったんだけど
借金して帰りにアイス買って食べたら

超目がさめてしまった!
超元気!

わーーーーーーーーーーー!
ナーーーーーーーーーース!

どうしよう
このわき上がるパトス
誰にもぶつけられねぇ!

ばか!
疲れてるやつらばか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近気になるはなし

おとぎ話とか古典の中には、なんとも残酷な話が多い
特に最近知って衝撃的だったのが、イギリスの人形劇パンチとジュディ
主人公パンチは、自分の妻、子供、愛人、死刑執行人を殺し、ついには地獄のえんま様的存在も殺して逃げる
今の日本人の感覚で言ったら、人形劇は子供の倫理教育のために見せたりするものだから、なぜこんな残酷なストーリーを、と思ってしまうけれど
16世紀イタリアでは、カーニバルで大人が見てげらげら笑うためのものだった
何が面白かったのかなぁと考えてしまう

http://www.youtube.com/watch?v=yl0EP3buC3s&feature=PlayList&p=873AFDA176EC1932&playnext=1&playnext_from=PL&index=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛すべきイヤブ09の写真 江ノ島編

Rimg1562
4年終わり 江ノ島遠足

Rimg1329

Rimg1360

Rimg1339

Rimg1384

Rimg1377_3


Rimg1411_3

Rimg1439

Rimg1458

Rimg1502_2

Rimg1489_2

Rimg1508

Rimg1512

Rimg1516

O0320024010156250263

Rimg1520_2

Rimg1527

Rimg1536_2

Rimg1560

Rimg1563

Rimg1568

| | コメント (1) | トラックバック (0)

愛すべきイヤブ09の写真 台湾編

Rimg1127
バイクとジュディ

Rimg1058
ガジュマルとジュディ

Rimg1027
かどたのお見合い写真

Rimg1031
はんなり

Rimg1033
くしゃっ

Rimg1040_2
あはは

Rimg1041
早くきなよー

Rimg1038
あー


Rimg1044
ふふふ

Rimg1045_2
へへへ

Rimg1042
ふふー

Rimg1043
ふー

Rimg1036
あー


Rimg1076_2
疲れたのでセレブに休憩


Rimg1150
どーん
蒋介石の記念堂

Rimg1148_2
門田発見

Rimg1152
I

Rimg1156_2
L(逆)

Rimg1157
O

Rimg1158
V

Rimg1159
E

Rimg1155
U

Rimg1160
Lやり直し!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛すべき池田家の写真

Rimg1281

20日から27日まで、両親はトルコへ旅行
その留守中、私はおばあちゃんのお抱え運転手になるべく帰郷

Rimg1652
ぽっかりとしている

Rimg1294_2
先日ガスコンロをIHに取り替えた

Rimg1291

Rimg1293
魚が真っ黒になってしまった

Rimg1286
冷蔵庫にはいつもコーラがストックしてある
おばあちゃんの好物

Rimg1287_2
お父さん方のおばあちゃんは渋谷に墓を作った
天使のキーホルダーはお父さんのチョイス
彼は、おばあちゃんのいる施設に梅干しを毎日一個ずつ持って行く

Rimg1282
最近お母さんはMOMAオンラインストアでの買い物にはまっているらしい
このピノキオメジャーもネットで買った
価格740円
送料660円

インチ表記だったので使えないとのこと

Rimg1646

私は東京やら江ノ島やらに行って、
両親を駅まで車で迎えに行くためにまた帰ってきた

Rimg0001

計画性のない買い物をして両親が帰国
結局、大量の目

Rimg0009
お父さんが現地で勉強のために買ったという、ギリシア・ローマ神話の絵本

Rimg0008
愛の女神アフロディテ生まれる
ばーん

Rimg0003
半チチ

Rimg0004
「世界で一番の美女」の半チチ

Rimg0005_2
いつの間にかすっ裸
選ばれた

Rimg0006_2
わなわな

つづく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/22-3/27

Dsc_3456

この一週間は、とても濃かった

一週前に荷物の準備をしていたときに想像していたのとはずいぶん違った
卒論はまったく進めなかった
というより、短距離走的にこの3ヶ月を走ることを考え直していた

両親がいない間、考えに考えて胃を痛めて
卒業を来年の3月にまで延ばそうと決めた
私は小さい頃から長距離派だ

はまさんと長電話をし、お互いに「大丈夫大丈夫、安心安心」と励ましあった
彼は自分の進路をギャンブル的だと言っていたけれど、
自分の脳みそと能力への投資は、普通のギャンブルにお金を使うよりずっと意味のある使い道だと思った

そんな中、卒業遠足からキックアウトの流れはただ楽しくて幸せで、とても寂しくなった
09の女子たちは、強いのに気遣えて、ばかなのに賢くて、かわいいのに肉食、ラブリー!
4年間一緒に笑いながらすごせたのは、それぞれのバランス感覚とみんなの相性の良さのおかげだ
本当に有難いことだと思う

自分と一緒に入学した子たちが卒業していくのを見送るというのは初めての経験
なんともいえない喪失感にくらくらしてしまう
キックアウトであーさと私が流した涙は、他の09とは明らかに違う種類のものだった
でもあーさが楽しそうに飲んでいたので安心した

09への卒業祝いを私がプロデュースするのはなんだか複雑な感じだったけど
最後にああいう形で、みんなが常に持ち歩けるものを私の手で作ることができたのはとても名誉なことで
これは他の誰にもゆずるべきでない仕事だったと思う
1年のときからイヤブのポスターやらビラやらを作り続けた私にとって、きっと最後にして最高の仕事だった

これが、離れたところでずっとみんなをつなぐものになればいいと思う

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ぼーーーん

0430c2

台湾で占いに懲りたばかり
卒業遠足で江ノ島に来て
びくびくしながらも「手相占いマシン真実の口」に手を入れてしまった

ぴこぴこぴこぴこーー 

一応手相を分析され
わりと長めの文章がカタカナででてくる

一部抜粋

アナタ ハ サイナン ヲ マネクヨウナ ケツダンニ ヨッテ、
アナタジシン ノ アリカタ ヲ カエナケレバ ナラナクナル オソレ アリ

アナタ ハ キョクタン ニ ハゲシイ ジョウネツ ニ ナガサレ ヤスク、
ヒゲキ ヤ サイナン ヲ マネク オソレ ガ アリマス

むーーーん

その後、おみくじもひいてみる
小吉
内容的には凶

どいつもこいつも同じことを言う
やはり厄年なのだ

遠足が終わると、急にずどーーーんと寂しくなる
みんな卒業してしまうなんて
半年や一年くらいなによ、ワンダーなんて大学生活12年目よ、と思いつつ
みんなと会えなくなると思ったらどうしていいかわからなくて、ガキを見る
なにか変わらずに続いているものが安定剤になる
テレビは変化が多すぎるので見たくない

色々な転機の時
私の目の前も分かれ道

私はどちらへ進んでも、
災難を招くような決断をして、私自身のあり方を変えなければならなくなるのだと言うけど
なにが災難でなにが悲劇なんだか私には想像もつかないので
情熱に流されても、ただ今自分のしやすい様に、できることをするしかないなぁと思う







| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の夜

先生が「若いころ苦しんで読みました」と言っていたリオタールの本を読んでみる
私がこれを理解できる日は来るんだろうか
へたに理解したふりをする必要はないな、と思う
なんとなく目を通して、すぐに忘れる

疲れたのでがきの使いを見て、眠くなったので電気を消す
いつものようにリビングの寝袋で寝る
ずっと前からの習慣
家族に不思議がられても、理由を説明することができない

暗くなって、とても悩む
ぐぅぅぅぅぅと胃が痛くなる
ものすごく貧乏な生活を覚悟する
でも、お金にならないことをやってるような若い人たちはみんなそういう道を通るんだろうなぁと思う
開き直って、ばかなことして笑うことができるお笑いの人たちはものすごい精神力だと感心する

ゆめ
眉間から鼻にかけて、ものすごい量の毛が生える
よく見たらそれは毛ではなくて、洋服にくっつく植物(通称くっつき虫)のとげみたいなもの
毛抜きで抜いてみると簡単に抜ける

その様子を必死で誰かに説明する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾後

Rimg1278

今回の旅行はとても楽しかった
きれいで安全で、安くておいしい、人がいい
自由で、忙しくなく、行動範囲は広く、充実していた
そして健康に楽しく過ごせた
不満な所がない旅行というのはなかなか貴重

反省する所と言えば、占いのやり方を考えるべきだったということ
無計画に相手にゆだねすぎて、不必要に感情を左右されたという感じ
自分が占いの能力を利用する、という形で主導権を握るべきだった

帰ってきておそるおそる彼に報告
案外ちゃんと聞いてくれたので安心した
でも「今年の6、7月に訪れる新たな異性との縁」にはちょっとびくびくする
おとなしく過ごそう

帰ってきて、気づいたら19日になってた
18日から動けると思っていたらとんだ誤算!
やばいやばいと思いつつどう動いていいか分からない
とりあえず冷蔵庫に入れっぱなしになっていた食材を処理
スープは案の定腐ってしまっていた

1ヶ月ぶり位にみんなのブログをチェックしてみる
最近はみんなお互いのブログをチェックしていること前提で
ハイコンテクストな会話がなされている

門田が別れたのも、さよが小倉勤務になったのも
一足遅れで「え、知らなかった!」と言って知る
色々な話を衝撃的に聞ける
スリリング

実家になにを持って行くかを考える
途中で東京やらなにやら色んなところを行き来するけれど、
合計で7日間くらいは群馬にいます
本とパソコンが問題!
卒論どの程度書くんだろうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾前

Rimg0788

今年、ICUに咲いた梅はとてもしぶとかったです。
初めて白いのが咲いたのは2月のはじめなので、もうかれこれ1ヶ月以上咲いていたことになります。
そんな彼らももういいかげん散ります。あと2割といったところでしょうか。

明日オスマから見られる梅とさよならをして、
あさって早朝台湾へ飛びます

その後は少し群馬で老人介護と運転手をして、
卒業旅行 イン神奈川

しばらく群馬と東京を行ったりきたりします

車の運転が死ぬほどこわい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

22歳1ヶ月め

Rimg0044

昨日まで、私はずいぶんと参っていたと思う
思い出してみたら、人に会うのが4日ぶりだった
自分と話すのも近頃は避けているところ
誰かとの会話といったら
図書館のカウンターの人と、ILLを借りて返すやりとりだけぐらいなもんで
だいぶ黙々とした人

普段話さない分、たまに誰かとしゃべるときは口が滑るように動く
沢山どうでもいい話をして、沢山笑いたい
音楽でいったら、ブラックアイドピーズとアブリルラヴィーンの感じが最近のお気に入り
脳みそが肥大しないように、できるだけ頭を空にする方向への努力
考えないといけないことは沢山あるけど
私は杞憂な傾向があるので、まぁ後回しでもいいかなぁとも思う
どうにかなるかもしれないし、どうにもならないならその時は別の案を考えるのみ

私には彼がいてよかった、と今更痛感する
自分のこと以外の部分で、ばかみたいに頭を一色にして一喜一憂できる
泣いて笑った後には、疲れて沢山眠れる
スポーツのような一面が有りがたい
でも全部超越してにやーーっと安心できたら一番いいなぁ
というのは密かに底の方に持っている希望
私のステイタスはまだまだcomplicatedから変えられないというのが実感

彼氏ってゆうのはなかなかできないもんですねーとあさこが言っていた
でももし手軽にできるもんだとしたら、そんなものにリスクを負えないなぁと思う
私はずいぶん重くなったし、堅くなった
前は色々柔軟で、もうちょっと軽い感じだったのになぁと思ってしまう
年かにーーー



| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゆめ

地下の古着屋のようなところ
一人で買い物をしている
レジで買おうとしたら、試着しなくて大丈夫ですか?と言われ、一応してみますと言う
紫色で、金の光沢がでるコート
着てみたらスタジャンみたいなぼってり感
全然イメージと違ったのでやめる

両親と車に乗っている
どこかへ行く前で、わりと急いでいる
ご飯を食べる所はないか、と言いながら店を探す
お母さんの運転があらい
見えないような車線を縫うように走る
ものすごいスピード
ぶつかるぶつかる、と思いながら、事故にあった後のことを想像する

目黒の住宅地
マンションの一室の前
この前パーティで少ししゃべった的場浩司が、
今度家族で遊びにきてください、と言ったもんだから
お母さんがその気になって、本当に家族で来てしまった
私はいつのまにか芸能人ということになっている
あーこの辺芸能人が沢山住んでることで有名なあたりだ、と思う

玄関を入ると、奥さんが出てくる
的場浩司の奥さんは誰だっけ…と思っていたら竹内結子が出てきたのでびっくりする
はじめまして…ですよね、と確認
色んなことに自信がなくなる

広いリビングに両親と私で座る
窓がとても大きい
その向こうはバルコニーが拡大した感じの庭
別にガーデニングとかできれいにされているわけではないが、緑がもりもりとしている
浜ちゃんが、ここでバーベキューをしたと言っていたのを思い出す
向かいは広い川になっているので、全然住宅地にいるという圧迫感がない
むしろ東京じゃないみたい
京都の鴨川か群馬の烏川のようだ、と
自分のボキャブラリーの中で当てはめてみる

窓の側に行くと、床がぷかぷかと揺れるのがわかる
いつのまにか、この家自体が川に浮いているようだ
さすが芸能人、落ち着く感じの家に住んでいる

的場夫妻はなぜか別室にいて出てこない
たぶん、たいして知っているわけでもないのに
社交辞令が通じずに本当に遊びにきてしまった私の一家に戸惑っているのだろう
私も、そんなに知らないからなぁ…と今さら気まずさに気づく
子供が出てくる
子供は無邪気になついてくるので、なんだか助かった…と思う

おにいちゃんが遅れて到着
なぜか所どころ穴があいたぼろぼろのTシャツを来ている
ただでさえ空気読めてないのに、いいかげんにしてよねーと思う
差し入れ、と言ってビニール袋からラムネの瓶のようなものをだし、みんなに配る
駄菓子屋で売っているような、わけのわからない緑色の炭酸飲料
開けると案の定炭酸が飛び散る
あーあーと言いながら丁寧にティッシュで拭く
別室にいる的場夫妻の様子を気にする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白目が黄色い

22歳になっちゃった
3日は後輩が飲みに連れて行ってくれて楽しかった
猛禽気取ってセックスオンザビーチ
でもテーラーのフランボワーズヨーグルトに負けた

ひどく雪が降ってなにごとかと思ったけどもね
インドとは気温35℃差以上みたい
体壊すよねー
そわそわと心配しすぎてお母さんみたいなメールをやたらと打った
もし彼が中学生の男子だったら「うっさいんじゃボケ!」って言われるだろなー
オカンっていう人たちは大変

それに、みんなと居たときはいらないことをあんなに平然としゃべれたのに
一人になったら全然うまくできなかった
途中で言いよどむし、肝心なところに触れられない
中学生みたい

メンフィスの印象が強くてよくない
あの愛の形を期待してはいけないね
だってファラオだもんなー
しかも私はキャロルじゃないもんなー

最近は図書館が4時半に閉まるのね
閉館10分前にゴンチチが流れるんだけど
なんか無理矢理「リラックスして帰れ!」って言われてる感じが好きでない
代わりにアブリルラヴィーンとユニコーンをがんがんかけて帰る

今日は夜久しぶりにエクセルで勉強してたんだけど
あきらかにうちの学校のディベート集団がディベート練習してやがって
ものすご激しく議論してて自分の勉強に全く集中できなかった
みんな眼鏡かけててやたら滑舌がいいの
公園とかでやれよな!

実はずっと前からあきらめていること
でも密かに1%の期待を持っていて
それがやっぱりだめだったなぁって分かったとき、がくーーーーんってなってしまった
どんだけその1%に体重かけてたんだ、と思う

目の前がくらくらしてしまって、資料なんて読めないし
頭に響いてくるディベートの連中の声が余計に腹立たしい

そもそも1%も期待しなきゃいい話なのだ
初めから私に期待できるような資格なんてなかったのだから、と少し自虐的になったりする
嫉妬と自己憐憫は不幸のもと、と言う言葉が思い出される
よくそれに浸る私は、案外不幸な状態が好きなのかもしれない

私は自らを鼓舞することができないし
もちろん人からの激励なんて全く効力がなくて
プラスの状態を疑念とか不安とかで塗り直すことで、嘲笑的に静かにずずーーっと沈む

気づいたら真下を見つめて歩いていて
これで事故にでもあったら同情もしてもらえないなーと思った

帰って生シュークリームとチョコを食べた
自分に誕生日プレゼント

明日は早起きをしようかなー

水曜どうでしょうってすごいね!
海外ロケいきまくり!

私も旅行にいこうー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひかる?

はい、おそるべきyoutubeの力、第3弾です

http://www.youtube.com/watch?v=OtmGUxGT8Q4&feature=channel

全然わかんないけど、この人なんかすごい…
すごい議論の巻き起こし方
ここまでクリアに賛否両論を呼べるなんて!
でも彼女自身色々な物を捨てたんだなぁと思うけど
きれいなのにどうしてこんなことしなきゃならなかったんだろうって考えちゃうねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜の展覧会×4

にゃひ!

今日は暇をもてあました父に付き添って美術展4つも回った
父からきっちり8時にモーニングコールがあったおかげで、
10時の待ち合わせにはぎりぎりすべりこめた

ルーブル展は初日曜日、予想通りの人
まず見えないしね、もう観光地
美術館側も、ルーブルというでこれだけ人が来るんだからおいしいんだろう
協賛とかお金のこととか、ちょっと考えてしまう

日本橋三越で土門拳展
これはとても好き
小規模だけど、うん、素敵だった
昭和版うめかよ的な、おもわずにやけてしまう子供たちの写真と
名だたる文化人の肖像が印象的
目玉がガラスのよう

新美術館で加山又造展
最終日曜てことで人多かったけども行けてよかった
ファッションモデルばりにクールビューティな裸婦と、
画面の真ん中をぽかーんと陣取ってしまう月
椿ここ!波ここ!岩ここ!で、月どーーん!みたいな
インパクトがとてつもなくでかい
こちらもコンパクトな感じだったけど、ひとつひとつの作品がでかいからすっきりしててよかった

ついでに多摩美日大の卒業展も見た
見に来る人に名刺を配る、DMを送る住所をもらう、コネ作りの場
何人かおもしろいなぁと思った人のもあったけど
さすがにここから先につなげるのは大変そう、という印象
「針の穴に糸を通すようだ」というけれど、それよりももっとずっとレアだ

一歩違えば私がここにいたかもしれないのか、と思う
違っていなくてもどちらにしても、安全地帯にいないというのが面白い
いや、決して面白くはないねーん

目黒雅叙園で平山郁夫展
こちらは本当に未知の状態で行ったんだけど
雅叙園という場の非現実感がおもしろかった
そこら中で行き来する新郎新婦
式の打ち合わせをするカップル達
室内なのに庭園、滝、茶室
そして爆発的に値段の高い食べもの
横目で見てうきうきした

自分もいつかするとしたらどんなんがいいだろうと考える
なんかエンターテイメント的なもので記憶に残る楽しいこともいい
海とか空とか、よくダイビングとかしてるけど、そうゆうやつとか
客にドレスコードとか作ったりね、仮装パーティとか
パーティじゃないかー

すんごい螺鈿細工のエレベーターで100段階段という所へ
靴を脱いで入るのは、文化財の、昔宴会で使っていた部屋

普通の旅館の部屋みたいなんだけど、よく見ると天井壁柱、すみずみまでものすごい装飾
こんな日本の建築初めて見た
その中で平山郁夫のスケッチとか展示してるんだけど、
どうしても室内装飾の方に目がいってしまった
こんな部屋で結婚のお祝いをしたのかぁと思うとなんだか感慨深い
ちなみにトイレの天井画もすごかった
こんな展示もありなんだなぁと思う
どっちにも集中できないかも、ということはそれほど問題ではない
なんとなくでどちらかを見に来た人が、もう一方も見れてなんかお得だったなぁと思う感じ

たまたま大阪帰りのお母さんと合流して食事をし、帰る
考えてみたら今日4時間くらいしか寝ていなかったので、
赤ひげ見ている途中でどーーーっと眠りこけた

門田と連絡ついて、台湾3泊で行くことになりましたよー
よかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぬんっ

36

思った以上に2月が終わるのが早くて
気づいたら2008年度も終わってて
びっくりした

あせあせ!

でも、うん、
ちょっと、
時間を持て余しがち
で、
あらびき団とかすごい見てしまうよ
パンパンチラー

今日はみきとパーティがしたかったので
ピザとポテトを食べて、コーラを飲んで,ミュージカルの映画を見たんだけど
コーラがびっくりする程うまくて、映画がとても楽しかったのに驚いた
それで、トイレの電球も切れて驚いた

その後かんたが私のレポートを見たいと言った
戸惑ったけど送ってやった
照れくさいな、なんかとか言いながら
でも後で見直したら誤字を見つけてしまってよけい照れた

34

ちゅーーん

門田と連絡がとれないよ
携帯変えてから一回電話したでしょうに
旅行、どうしよう
台湾いきたいんだけど

あ、あと、あきらさんと海に行きたい人募集しますよー


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »