« ぬんっ | トップページ | ひかる? »

日曜の展覧会×4

にゃひ!

今日は暇をもてあました父に付き添って美術展4つも回った
父からきっちり8時にモーニングコールがあったおかげで、
10時の待ち合わせにはぎりぎりすべりこめた

ルーブル展は初日曜日、予想通りの人
まず見えないしね、もう観光地
美術館側も、ルーブルというでこれだけ人が来るんだからおいしいんだろう
協賛とかお金のこととか、ちょっと考えてしまう

日本橋三越で土門拳展
これはとても好き
小規模だけど、うん、素敵だった
昭和版うめかよ的な、おもわずにやけてしまう子供たちの写真と
名だたる文化人の肖像が印象的
目玉がガラスのよう

新美術館で加山又造展
最終日曜てことで人多かったけども行けてよかった
ファッションモデルばりにクールビューティな裸婦と、
画面の真ん中をぽかーんと陣取ってしまう月
椿ここ!波ここ!岩ここ!で、月どーーん!みたいな
インパクトがとてつもなくでかい
こちらもコンパクトな感じだったけど、ひとつひとつの作品がでかいからすっきりしててよかった

ついでに多摩美日大の卒業展も見た
見に来る人に名刺を配る、DMを送る住所をもらう、コネ作りの場
何人かおもしろいなぁと思った人のもあったけど
さすがにここから先につなげるのは大変そう、という印象
「針の穴に糸を通すようだ」というけれど、それよりももっとずっとレアだ

一歩違えば私がここにいたかもしれないのか、と思う
違っていなくてもどちらにしても、安全地帯にいないというのが面白い
いや、決して面白くはないねーん

目黒雅叙園で平山郁夫展
こちらは本当に未知の状態で行ったんだけど
雅叙園という場の非現実感がおもしろかった
そこら中で行き来する新郎新婦
式の打ち合わせをするカップル達
室内なのに庭園、滝、茶室
そして爆発的に値段の高い食べもの
横目で見てうきうきした

自分もいつかするとしたらどんなんがいいだろうと考える
なんかエンターテイメント的なもので記憶に残る楽しいこともいい
海とか空とか、よくダイビングとかしてるけど、そうゆうやつとか
客にドレスコードとか作ったりね、仮装パーティとか
パーティじゃないかー

すんごい螺鈿細工のエレベーターで100段階段という所へ
靴を脱いで入るのは、文化財の、昔宴会で使っていた部屋

普通の旅館の部屋みたいなんだけど、よく見ると天井壁柱、すみずみまでものすごい装飾
こんな日本の建築初めて見た
その中で平山郁夫のスケッチとか展示してるんだけど、
どうしても室内装飾の方に目がいってしまった
こんな部屋で結婚のお祝いをしたのかぁと思うとなんだか感慨深い
ちなみにトイレの天井画もすごかった
こんな展示もありなんだなぁと思う
どっちにも集中できないかも、ということはそれほど問題ではない
なんとなくでどちらかを見に来た人が、もう一方も見れてなんかお得だったなぁと思う感じ

たまたま大阪帰りのお母さんと合流して食事をし、帰る
考えてみたら今日4時間くらいしか寝ていなかったので、
赤ひげ見ている途中でどーーーっと眠りこけた

門田と連絡ついて、台湾3泊で行くことになりましたよー
よかった

|

« ぬんっ | トップページ | ひかる? »

東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/421501/28431414

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜の展覧会×4:

« ぬんっ | トップページ | ひかる? »