« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

長い一日

AM10:30

部屋に入るとずらり10人ほどの教授陣
びびる
でも最初に目に入ってきたのはなぜか見慣れた顔

あ、伊東たつひこだ

いつか彼のそっくりさんを駒場で見掛けた事をちらっと書いた気がするけれど
まさにその人が私の目の前に座ってた
しかも私が卒論内で何度も引用した人だった

あまりにもたつひこなもんだから、少しだけ緊張がとけた

隣りのデブはひどくうるさくて今日一日で嫌いになった
ちゃんと論文読んでもいないくせに細かい言葉にひっかかりすぎだ

10対1のリンチに耐えること25分、ふらふらと部屋を出る

すり減って、一回り小さくなった感覚

ああ言えばよかった、こう言えばよかった、と反芻するのはけんかに負けた証拠だ
そりゃあ負けるさ、アウェーすぎるもの

パンプスで走って靴ずれした上に特別寒い日
普段であればすぐ家に帰って映画でも見てじっとしてたい日だ
でも今日は違う
脳内はアドレナリン全開でふわふわな上、寝不足とパンプスで体は疲れてるもんだから
もうアンバランスで疲れとかどうでもよくなり、冷静な判断ができない

そんなわけで私は吉祥寺行きではなく渋谷行きの電車に乗った

PM12:00

たどり着いたのはブンカムラの前
でもジュエリーにあまり興味がなかったことに気付く
4年前なら渋谷に来たついでに買い物でもして楽しい気分になっていたところだが
近頃ではなかなか買い物を楽しめない
それに今日は、何も楽しく思わない日

なんのための化粧だ、と心の中でつぶやきながら人ごみを縫う

PM1:00

清澄白河に到着
現美ならば何か面白いものをやっているはずとの予想
常設も企画もなかなか良かった

特に塩のインスタレーションとばかでかい切り絵が印象深い

Labyrinth_holl       Img1_2

よくやるよなぁと思ってしまうけれど

世の中には、若くてもすごい事をしている人達は沢山いる
私もいつまでも子供扱いされてはいられないんだなぁと焦る

コンビニで買ったパンをあたためてもらって、子供に凝視されながらバス停で食べる
インド人に案内されて駅まで行くが、悩んだあげく通りすぎて隅田川岸へ

川岸に大きい倉庫があるのだけど
その5〜7階がギャラリーになっている

業者積み降ろし用のばかでかいエレベーターに乗る
一カ所にしか止まれないので、乗り合わせた人と同じ階で降りる

ギャラリーは狭い
そして展示はたいしたことなかった
わざわざ靴擦れを悪化させてまで来たのに、と、だんだん腹が立って来た

勢いに任せてバイトを入れる
時間を埋めたい

PM4:00

新宿御苑に到着
社長のいないバイト先は平和だ

頭を使わない作業で小金を稼ぐのはとても気楽
どんなに面倒な仕事もすべてを笑顔で受け入れ、
かつてない程無駄のない動きをした

PM11:00

長いパンをもらって帰宅
新宿駅で平らげる

まだくさくさとしている
誰かがとてもおいしいケーキを買って訪問してくれたりしてくれないかと思う

高知のうどんも食べたい
インドカレーも食べたいし

超楽しい映画も見たい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あしたはとうだいにじしけん

各地のみなさま、いかがお過ごしでしょうか
東京は今日も雨で、とても寒いです

といった内容しか書けないですが、すみません

オールフリーのモラトリアムなはずなのに、なんだかぐずぐずとしています

私の実質の春休みは明日から始まるのですが、計画を立てるのがあまりにも遅すぎたために、ぼやっと考えていたいろんな所へ行くことができなくなっていて
結局、三泊で父と二人で沖縄に行くことになりました
実は二人ともそこまで乗り気ではなくて、
お互いのために、みたいな感じの義理二人旅行になってしまいました

一般的な卒業旅行とはほど遠いけれど、まぁ卒業旅行は去年江ノ島行ったからいいかしら
そして私はまだ学生なので、まだまだ行けるはずなんです

ヨーロッパもインドもまだおあずけ
やっぱり暖かい時に行きたいし

ははは
でも寒すぎだよ東京も!

思ったんだけど、女の子のブログには素敵な食べ物の写真がいっぱい載ってるんですよね
友達のブログ見てたらなんだかみんなかわいらしくてかつおいしそうなものを食べているもんだと感心します

お腹もすきます

私も明日終わったらケーキとか食べたいな
食べていいかなぁ

へへへ

ねー

うれしな!
やっと終わるのさ!ヤーーー!!


| | コメント (1) | トラックバック (0)

日本でぎょるぎょる

昨日から心身ともに調子が悪くてもうどうしようかと思っていて
学校に勉強しに行ったんだけどすぐに帰って来てしまった
誰もいない学校が寂しいと思ったのはひさしぶり

体調が悪い原因を考えていたのだけど
思い当たる節がありすぎてどうしようもない
とりあえず、賞味期限半年前のみそで作ったみそ汁に
一週間前に超安値で買った謎のきのこ(聞いた事もない名前)を入れた事が
突き刺すような腹痛の原因だろうと思う
何か刺さってんのかなぁ

腹痛とダブルパンチでおしっこ我慢しながらチャリをこいで
それなのに子供は邪魔するし信号は変わらないし冬服はなかなか脱げないし
そんな時にリリーアレンの小気味良い歌を聞いて涙ぐむ
色々とやばい

インドなんて行ったら私は即死だろう
あぁここが日本でよかった

彼のブログがアップされていてひとまず安心

連絡が取れない上にインド西部でテロがあったというもんだから
結構心配していたのだけど

Jaisalmer_2008_093

こんな所にいるらし
勝手に楽しい気分になった!

金沢あたりの温泉に行こうかと思っている
そしたらついでに岐阜に行って、あと静岡とかにも行きたい

春休みは美術館めぐりにする!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サタデーナイト

普段スケジュール帳をもたないで全然困らない程予定のない私が
今夜はなぜか飲み会をはしごした
どちらも長く居たかったけれど、どちらも半分だけいた
若い子だけで下衆い話と悪口のオンパレード、がやがやバイト飲みの後は
先生と助手さん達を交えた敬語で静かな実習打ち上げ
同じ飲みでもずいぶんと違うもんだと思う

一見前者の方が打ち解けている感じだけどそんなこともなくて
私が帰った後に私の悪口を言うんだろう等と思いながら
後者の場に入りほっとする
ICU生は変な人が集まっている分陰口を言う人が少ない感じがして、
そういう平和な異空間みたいな性質はICUの好きなところ
日本人はもっとなんかどろどろしている

わかちゃんはやっぱり気になる存在だ
守ってあげたいと思わせる女とはまさにこの子の事だと思う
猛禽的とか全然そういうんじゃなくて
本当に死んでしまいそうな小鳥みたいな感じ
彼女が(たぶん結構勇気を出して)「ホワイトデーのために家でなにか作りませんか」と言った時
ちゃんと拾って「いいですね!楽しそう!」と言ってあげていた周りの子達はなんていい子達なの、と勝手に暖かい気持ちになる

旅行のことを考える
日本国内を回るのがいいかもしれない
金沢か、佐賀
今日「勝手に観光協会」を見て、佐賀が非常に魅力的に見えた
でもどこにあるかよく知らない








| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京の冬、最後の最後に雪

バイトに出はじめて、じわじわとくる
これが人間関係のストレスというやつか
見事にみんながみんなの悪口を言っている
よくそんな所まで見ているものだと感心する程
へらへらと苦笑いでかわすことしかできない
私も言われているんだろうと思うとぞっとする

イライラするならなぜくっつき合うのだろう
わずらわしくて仕方がない

関係ないけど
久しぶりに会った友達にいらないことまでぺらぺらとしゃべってしまった
本当に口が滑っていくようで、全然止められなかった
明らかにひいていたなぁ
後悔

色んな事が終わりつつあって、その分の浮いたエネルギーをうまく発散できていないんだと思う
旅行に行こうと思ったのだけど、実は自分にそこまで欲求がない事が分かって
とたんに面倒くさくなってしまった

早くバイト以外でお金を稼ぎたい
近頃感じるのは、文系の院に行くと言うだけで社会不適合の烙印を押されているようだという事
否定はしないけれど、心外ではある
知識や技術を売り物にするためには、それなりの準備期間が必要なのだ
もうしばらくは砂を噛んで
そのうちおいしいご飯が食べれるようになれば良い





| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪がふった日

視野がぎゅぅぅと狭まっていた時期が過ぎ、ぽっと視界が開ける
色んなドアを閉めていたのだけど、よし、開けよう、と思って手をかけると急に
せき止めていた情報が様々な方向から流れ込んでくる
でも世の中は案外進行していなかった
とにかく袴を早く決めたい
私は袴を着るよ

ここのところ結構力をこめて、ぎゅうぎゅうと握っていた何かがあって
なんとなく力をゆるめたら、それが手のひらからふわふわぱらぱらとこぼれ落ちた、みたいな感覚がある

いろんな緊張がとけて、ふわふわしているんだと思う

捕まえて固めたくてぎゅうぎゅうにぎっていたものは、結局元のばらばらの状態に戻っただけで
私がやっていたことは、私の考え次第では「何の意味もなかった」とも思える
そうだとしたら非常に空しいし、今はその考えに飲み込まれたらおしまいなので
私は手の感覚を忘れないうちに、またにぎりなおそうと思う
今の私はたぶん理性ではなく直感に従う方がいい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »