« フレディの前身タイツはかわいい | トップページ | 近況報告(2012/2) »

なべの話

ある集団が、狭い部屋でぎゅうぎゅうになりながら一つの鍋を囲むのは、確かに妙に儀式的な行為にも思える。

「東京の条件」share soup three weeks の話。

そもそも「鍋」は料理名ではない。
それはただの調理器具を指す名詞だ。
一般的に、素材や味付けに関係なく、土鍋を使った煮込み料理を広く「鍋」と呼ぶが、それだけでは具体的にどのような料理を示すのか明確ではない。言い換えれば、料理としての「鍋」は実際「鍋を使った何か」でしかなく、その中身はひどくぼんやりとしている。

しかし、いやそれゆえに、鍋ほど日本人が親しむものはない。
北海道から沖縄まで、子供から老人まで、家でもレストランでも、貧しくても富んでいても、家族といても一人でも、「冬だから」という理由だけで、みんな鍋をする。

よく考えてみると、「鍋を食べる」よりも「鍋をする」という言い回しを多く使うのは、それをただの一料理に還元されない、特別な行為として認識しているからだろう。つまり、食卓に乗った土鍋で何かを煮る、多くの場合集団でそれを囲み、みんなでつつきながら食べるという行為、そして、その行為に供される空間と時間が、「鍋(をする)」という言葉に内包される重要な要素としてある。

つまり「鍋」は調理器具でも料理名でもなく、行為であり空間であり時間である。

プロジェクトHPにおいて、「三週間鍋を続けると、どうなるだろうか?革命くらい起きるのではないか?復興などするのではないか?」とうたわれた妙に楽観的なコンセプト文への回答は、あとがきにおいて批評的になされる。
時に、集団が何らかの明確な目的を持って設ける、交流・交渉の場でもありえる鍋が、過去、何か大きな出来事の前夜やその裏で密やかに行われてきたことも想像にかたくない。例えば、戦国時代の武士達も、神風特攻隊の隊員も、連合赤軍の若者達も、東京電力の幹部達も、反原発のデモ隊も、一度は鍋を囲んだに違いない。そう考えると、せいぜい野菜や肉の水煮に過ぎない「鍋」が、その周りに醸成してしまったなにかによって、日本の歴史が動いていたとも考えられる。
東電の事故後の対応ではっきりしたのは、鍋で大きなことを決めたら大変なことになるということだと、このプロジェクトの作者はいう。どこまでいっても「鍋」的なコミュニケーションに頼る結果としてできる談合社会日本を批評するというのが彼のねらいであるらしい。

鍋による鍋批評。

10月あたま、今は共有作業場準備室となったある部屋に、鍋が設置された。
24時間×3週間、入れ替わり立ち代わり色々な人がそこにきて、ただ鍋をしつづける。その場の音声のみが、ustで生中継される。
場所は非公開。参加者は友達の紹介もしくは面接を経て決定される。

私はそのプロジェクトに少しだけ参加しながら、しかしある程度の距離を置いて、観客として見ていた。そこで見たものを以下に書く。これは全く公式のものではなく、個人的な感想でしかない。


料理としての鍋。
西洋のフルコースは、食前酒、アペタイザーから始まり、メインディッシュがあり、デザートで終わる。そこには順序があり、ヒエラルキーがある。
一方鍋にはそれがない。
始まりと終わりすらない。いつでも食材が入れられ、料理としていつまでも完成することがない。
すぐに満腹になることがないゆえに、だらだらと食べ続けることができる。
味を変えることも自由。
そういう意味で、これは料理とは呼べない。

鍋という行為、その時間、空間。
夕食時にやってきて楽しい話をし、適度に食べて飲み、終電間際で帰る、という行動をとった参加者が一番多かっただろう。
正味4時間。これが鍋の適正な利用時間だろう。
しかしこの鍋に限っては、504時間行われていた。

煮つまっては薄められる出汁、つがれつづけるアルコール、湿気を帯びた熱が籠れば、少し窓を開けてまた再開する。
ある程度お腹が膨らんだら、別の土鍋でお茶を煮て小休憩。
しかしその間に次の鍋が仕込まれている。
食事の形式としてすでに十分冗長な鍋を、一回の食事時間ではなく三週間という時間の枠内で継続するという極度に間延びしたこの行為は、もう食事とは呼べないけれど他に何と呼ぶべきか分からない。
だからただ「鍋」と呼ぶしかない。

常に「誰かが鍋をしつづけている」状態を作るために、誰かが拘束状態になっていた。
入れ替わり立ち代わり、あらゆる人が、火の番をし、灰汁を取り、掃除や洗い物をし、鍋の隣で寝た。
すべては無内容な「鍋」を維持するため。

昼間、他の人が授業や仕事に行っている時間にも、そこでは誰かが(たいてい一人か二人で)鍋をしている。ustには鍋の水面が写っているだけで、誰が何の話をしているのか、すぐには分からない。
始まりもクライマックスも終わりもない、冗長な食事と、冗長な会話。
そしてそれは全て断片としてしか鑑賞しえない。
504時間全ての話を聞いた人は誰ひとりとしていないと思う。

深夜、鍋の部屋にいる顔の見えない誰かのため息をust越しに聞きながら、PCを前に職場で仕事をする。自宅で食事をする。顔も名前も知らない、声だけ知っている誰かに共感したり、ともに無言で過ごすこともある。妙な距離感、共時性。
504時間という上演時間と、音声のみust中継という形式が、出演者と観客のこの不思議な関係性を作り出した。

その中心にあったのは、やはり無内容な「鍋」。
あいかわらずただ「鍋」でしかないもの。


最終日、三週間煮込み続けた出汁で作った雑炊はとてもおいしかった。
この出汁は、ありとあらゆる食材を包摂して、なお澄んでいた。
しかし、これはメンテナンスをする人がいたから可能だったのであって、実際、ただ何かを長く煮込めばおいしいスープができるというのは間違いだと分かった。

ちなみに、もつ焼小林のつけ麺のたれは60年つぎたしの煮汁らしい。

|

« フレディの前身タイツはかわいい | トップページ | 近況報告(2012/2) »

勉強・アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/421501/43142901

この記事へのトラックバック一覧です: なべの話:

« フレディの前身タイツはかわいい | トップページ | 近況報告(2012/2) »